単行本★感想

スケット・ダンスの単行本の感想を述べています。

スケット・ダンス 10巻の感想

SKET DANCE 10 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 10 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス10巻を紹介します。

10巻の内容

第81話 男の穏やかな休日

第82話 Happy Birthday-①

第83話 Happy Birthday-②

第84話 Happy Birthday-③

第85話 Happy Birthday-④

第86話 Happy Birthday-⑤

第87話 Happy Rebirthday-①

第88話 Happy Rebirthday-②

第89話 Happy Rebirthday-③

第90話 Happy Rebirthday-④

表紙への感想

篠原先生の神の水彩画です。

さすが美術系の大学を卒業されただけあるなと思います。

ボッスン・ヒメコ・スイッチ・椿の過去の姿が描かれています。

みんなの表情がホンワカとしていて幸せそうです。

背景の緑の葉が付いた木も水彩画だから表せる雰囲気が漂っていて素晴らしいです。

個人的に篠原先生の水彩画は大好きなので他の巻の表紙にも水彩画を描いていって欲しいです。

内容への感想

今回から見易さの為に感想を1話ずつに区切って書いていきます。

第81話 男の穏やかな休日

ボッスンの本当の両親である「亮輔」と「波瑠」、そしてその友達の「茜」が登場しました。

亮輔がカメラを買う為に貯めていた5万円の入った財布を落としてしまい、わらしべ長者をやっている内に欲しかったカメラが手に入るという話でした。

この話自体、ボッスンの過去編に突入する為の話ですが面白い内容だったと思います。

茜のお金への執着がよく表されていた作品じゃないかと・・・(笑)

波瑠さんの大の大人に200円とアメをあげるというホンワカさが出ていた作品じゃないかと・・・(笑)

最後にはあどけなさの残る14歳のボッスンが登場。

彼はなぜ人助けをしようと思ったのかが明かされるボッスン過去編に突入!

第82話 Happy Birthday-①

ボッスンがVHSに録画された自分の両親(亮輔と茜)、そして波瑠さんの日常風景を鑑賞。

そのことがたまたま帰ってきた母親である茜にバレてしまい「どこまで観たの!?」と意味深な言葉を言われVHSは隠されてしまう。

しかしたまたま見つけたアルバムに写った茜の姿に矛盾を感じる。

「どうしてお腹が大きくないんだ?」という質問に茜は?

この話にはボッスンの妹である瑠海が初登場。

兄であるボッスンに牛乳プリンを買いにいかせるなど強烈な性格を見せつけられました。

ボッスン観ていたVHSを茜がエッチなビデオと勘違いしたシーンに茜の母親ぶりに笑いました。

第83話 Happy Birthday-②

茜はボッスンと妹の瑠海に本当の両親は亮輔と波瑠だと打ち明けます。

そして亮輔と波瑠が現在にいない理由も話します。

血が繋がった人が1人もいないというあまりにも衝撃的な事実にボッスンは家を飛び出します。

「オレは天涯孤独・・・?」と。

この話は衝撃と悲しみという見ていてつらい話でした。

早くボッスンを救ってあげて欲しいと思いました。

第85話 Happy Birthday-③

当てもなく街中を歩くボッスン。

それを心配する茜と瑠海。

ボッスンは公園のベンチで15歳の誕生日を迎えます。

そして不良に絡まれたボッスンをボッスンの父親である亮輔に車にひかれそうになった所を助けられたという三島泰介に出会います。

その三島さんから事故直後に亮輔から預かったという波瑠へのプレゼントを渡され・・・。

この話の中に登場する不良のボス=ミチルという説があります。

もしこの不良のボスが中学生ならその説はなくなります。

理由はボッスンは中学3年生で不良ボスも中学3年生だとミチルがボッスンよりも1学年上という設定がおかしくなります。

もし不良ボスが高校生だとしても開盟学園の制服ではない為、確率は低い。

よって不良ボス=ミチルの説は破綻します。

ミチルが他校から転校して開盟学園に来たというなら話は変わりますが。

第86話 Happy Birthday-④

三島さんから貰った袋には亮輔から波瑠さんへの手紙を読むボッスン。

そこには「困っている人がいたら通り過ぎるな」と書いてあった。

この言葉に衝撃を受けたボッスンは先程の不良達が椿に絡んでいる所に割って入り亮輔の意思を継ぐことを決意しました。

ボッスンは父親である亮輔の意思を継いだと同時に自分の運命を受け止めたんですよね。

ボッスンは強い心を持った青年だと思いました。

そしてこの話で椿は視力が悪いことが判明。(どうでもいいですよね。

椿ってコンタクトだったんですね。

やはり勉強のしすぎによる視力の低下でしょうか。

第86話 Happy Birthday-⑤

心配している母親の茜と妹の瑠海の待っている家に帰ったボッスン。

しっかりと仲直りし、ボッスンの15歳の誕生日パーティー開催。

本当の両親の写ったVHSも家族全員で鑑賞。

もとの仲が良い家族に戻りました。

そしてボッスンは高校に入ったら困っている人を助ける部活を作ることに決めたのでした。

ボッスンの家の人達の家族の温かさを感じました。

ボッスン誕生日おめでとう!!

第87話 Happy Rebirthday-①

話は現代の開盟学園の文化祭の場面に。

暇を持て余していたボッスンの前にボッスンの誕生に立ち会った医師と名乗る男性に話し掛けられます。

その医師からボッスンは本当は天涯孤独などではなく血の繋がった人がいるという衝撃の事実を知らされます。

そしてボッスンは自分以外にもう1人生まれていた子供がいる事実にたどり着きます。

この話には文化祭のシーンだけあって様々な家の親が学校に来ます。

振蔵のお父さんである奮蔵さん。

うん。予想通りの人でした。

ボッスンの母親の茜と妹の瑠海も学校に来ます。

ヒメコとスイッチとの絡みも良かったです。

第88話 Happy Rebirthday-②

ボッスンの双子は実は椿だったことが判明。

その事実のボッスンは完全に動揺。

ボッスンの名前の「佑助」、椿の名前の「佐介」。

この名前はボッスン達の本当の母親である波瑠さんの「2人が協力して 右と左」という意味から付けられた名前だったのです。

とうとうこの話でボッスンの双子の相手が椿だと判明。

椿かもしれないと予想はしてたんですけど、それだとこらからの日常話が困ると思って違うと思っていたんです。

とてもビックリしました。

第89話 Happy Rebirthday-③

出産に立ち会った医師の男性が茜の負担と波瑠さんからの希望で2人のうち1人を預かっていたのです。

医師の男性から必死で謝られるボッスンであったが、この事実はあまりにも大きすぎて受け止めることが出来ませんでいた。

文化祭も終わり片付けをしている中、校庭に移動したボッスンは椿と遭遇。

自分だったらこんなことがあったら絶対に受け止められません。

ボッスンも同じく完全には受け止められませんが少し気持ちが落ち着いていたと思います。

第90話 Happy Rebirthday-④

ボッスンは椿からボッスンが兄だと聞かされます。

この言葉にボッスンはニタリ。

ボッスンと椿の関係はこれからも変わらないようです。

周りからの反応にも困っている様子の2人なのでした。

これにてボッスンの過去編は終了ですね。

最後のボッスンと椿の照れ顔ですべてが終わり、いつもの通りになった気がしました。

その他の感想

部室トークで繰り広げられていたボッスン過去編とはまったく雰囲気が違う「キャプテンの婿の争奪戦」が完結しました!!

キャプテンの人気ぶりがよく表れたこの事件。

篠原先生は完全に困り気味です。

最終的にキャプテンは読者みんなのものということで一件落着。

キャプテンは普通の可愛い子だから人気があってもしょうがないよね。

これにてスケットダンス10巻の感想は終了です。

いままでの単行本の感想とは書き方を変えた他為かなり長くなってしまいました。

これからもこのような書き方で書いていきます。

次は小説版の感想を書く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケットダンス 9巻の感想

SKET DANCE 9 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 9 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス9巻を紹介します(◎´∀`)ノ

内容はこんな感じです♪

第72話 ファッショナブル侍

第73話 おねさんがんばる!

第74話 ステイクアウト・ブルース

第75話 フードファイター・キャプテン

第76話 きぐるみぶれいく 前編

第77話 きぐるみぶれいく 後編

第78話 やにわにテンプテーション

第79話 ハズカシガール 前編

第80話 ハズカシガール 後編

表紙への感想です♪

スケット団の3人が揃っている表紙です(゚▽゚*)

ヒメコが持ってるのってぺロリポップキャンディーですよね。

何味かな~?

ピンク色だからイチゴ味かな。

そんな普通の味じゃないか(笑)

タコ味とか・・・。

スペクターもいますね。

スペクターが良い味だしてます(笑)

表紙の次のページをめくったページには腕章を上げる安形が!!

カッコよすぎです!!

ヤバ沢さんの目がハートになっちゃいますよ(笑)

内容への感想です♪

振蔵のイメチェンの話で印象に残った言葉が1つあります。

それは・・・

侍道より目先の恋!!

それが高校生の本音だろ!!

現役高校生の自分にとってイタイ言葉ですΣ( ゜Д゜)

肝心の振蔵のイメチェンの方は、完全にコスプレパーティーです(笑)

「トリコ」に登場するGTロボのコスプレをしたり、「バクマン。」に登場する新妻エイジのコスプレをしたりしました。

GTロボって他の作品でもパクられてますよね。

個人的に銀魂が好きなので銀さんのコスプレをして欲しかったかな。

おねえさんの話はおねえさんのドジが全開でした(笑)

スペクターが・・・黒板消しに・・・。

おねえさん気付いて!!

末益先生のしゃべり方も特徴的。

スェクシャルハルァスメントって(笑)

ボッスンと椿が協力してカツアゲ犯を捕まえる話は可愛かったかな・・・(笑)

2人の反応が可愛かったです。

この話で2人の仲が深まったのかな?

そして最後には重要な伏線が張られてましたね。

まったく気付きませんでした。

実は、この話はジャンプと単行本では違う箇所があります。

それは・・・スペイン州の所だった気がします。

あんまり覚えてなくて。(スイマセン!!

ジャンプの最後の作者コメントの所で謝罪してました。

キャプテンの大食いの話は面白かったです(*≧m≦*)

消えるキャプ食いってスゴすぎる!!

キャプテンが大食いっていう事実が判明した話でした。

煮玉子が嫌いなんだ・・・。

オレは好きだよ!!

この話でもジャンプと単行本では違う箇所があります。

単行本ではバッファローが食べられると書いてありますが、ジャンプでは食べられないと書いてありました。

次の話はスケット団の3人が「おかあさんもいっしょ?」のマスコットキャラクターのきぐるみの中に入る話でした。

子供向け番組なのに主題歌が大人向けだよね?

暴飲暴食ノンストップって(笑)

暴飲暴食はいけないよ!!

スイッチが一言もしゃべれない話で可愛そうでした。

というより主人公達の顔もほとんど出てこなかったし・・・。

これがスケット流です!!

スペクターとファントムとボギーの中でボギーが一番気に入ってます。

ロマンの漫画の話は爆笑の嵐でした。

面白すぎる!!

この話がジャンプに載った時に、この話だけ切り抜いて友達に見せたほど面白かったです。

ロマンって原作だけやったら絶対売れる漫画になりますよね。

でも漫画の方も大好きです。

でも最後は感動でしたよね。

ロマンの涙にもらい泣きしそうになりました。

「努力の勝利だな」って言うボッスンの画力に気絶しちゃいます。(画力かよ!

影の使いかたとかヤバすぎる!!

ボッスンがカッコよく見える!!

ボッスンとヒメコのデートの話はヒメコが可愛かったヽ(*≧ε≦*)φ

完全に普通の恋する女の子状態でしたよね。

ヒメコの顔が赤くなりまくりでした。

映画「インディ&ジョーズ」を1回見てみたいです。

仁君のヒメコに対する恋心は叶うのでしょうか?(たぶん叶はないと思いますが)

この話の最後は2人の笑顔が良かったです。

9巻にはおまけで5巻の「リゾートダンス」の代わりに掲載する予定だった「2人なナーバス」のネームがあります。

夏をテーマにしたギャグ漫画に相応しくないとして担当に全面ボツをくらったそうです。

個人的には「2人はナーバス」の方が見たかったかな。

ピリピリした空気の漫画です(笑)

次はスケットダンス10巻を紹介します♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スケット・ダンス 8巻の感想

SKET DANCE 8 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 8 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス八巻を紹介します(◎´∀`)ノ

内容はこんな感じです♪

第63話  バッド・サイエンティスト

第62話  パニック・イン・校長室

第65話  おねえさん先生

第66話  合コンでツッコんで

第67話  ガチャガチャトレーダー

第68話  第一回キャラクター人気投票結果発表

第69話  ガラス男

第70話  誰・・・!?

第71話  ガラス乙女

番外編  「BISCUIT DANCE」(ビスケットダンス)

表紙への感想です♪

校長先生ヒメコのスカートの中を覗こうとしてない?

G~~~って(笑)

そしてなんと仁くんが!!

フライングして単行本の表紙に出ちゃってます。

9巻では登場するんですけどね・・・。

みんな個性的でカワイイですo(*^▽^*)o

内容への感想です♪

スイッチの発明品すごい!!

マンドセルが欲しいかも・・・。

Fu-Fu-風香ちゃんはいらない・・・かな(笑)

小田倉君にも「気持ち悪い」って言われたらしいし。

元気出してバズーカの中にスイッチのボッスンがいましたよね(かわいい・・・。

そして生徒会!!

ボケ倒してましたねΣ(;・∀・)

性格が良く出てました。

ミモリンがお金持ちで助かったね(笑)

次の話では、いよいよ新キャラクターのおねえさんが登場しました!!

おねえさんが薬によって振り回されてましたね。

性格を変化させる薬を開発したチュウさんって天才じゃね(笑)

ポヨヨン体操って何?

ボッスンの合コンの話では、ヒメコの大切さが分かりました(。・w・。 )

ツッコミって重要だね・・・。

ガチャガチャの話は・・・分かる!!(笑)

ガチャガチャって楽しいよね♪

コンプリートしたくなるよね!!

絶望的な虚しさ・・・恐いよね・・・。

人気投票発表の話は、おばあにゃんとかドドンドンドドンとかが出てきて恐かったw(゚o゚)w

ボッスン達の同じ世界にいる!!みたいな。

人気投票の結果はコチラをチェックしてみて下さい。

ボッスン一位おめでとう!!

8巻最後の話はガラス事件の話でした。

スケット団への久しぶりの依頼ですね(笑)

ボッスンのボケに対する八木ちゃんの反応に爆笑しちゃいました(ノ∀`)・゚・。

犯人は予想外でした・・・。

嶋崎崇夫だと思ってたのに・・・。

読者の予想を裏切るとは。

さすが篠原先生!!

印象に残っている言葉が1つあります。

女の子には守らなアカンもんがあんねんな 

ガラスを割ってでも

ヒメコがガラス事件の犯人に言った言葉です。

なんか・・・良い言葉です。

女の子って大変なんだね。

番外編の「ビスケット・ダンス」ではヤバ沢先生安形先生から婚約指輪を・・・。

夢だったんですけどね。

そしてヤバ沢さんの誕生日が1月10日に決定しました。

次はスケットダンス9巻を紹介します(◎´∀`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケット・ダンス 7巻の感想

SKET DANCE 7 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 7 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス7巻を紹介します (◎´∀`)ノ

内容はこんな感じです♪

第54話  それが男のヒュぺリオン

第55話  ヘタッピマンガ研究所R

第56話  フレグランス

第57話  OGRESS(オーグレス)-①

第58話  OGRESS-②

第59話  OGRESS-③

第60話  OGRESS-④

第61話  OGRESS-⑤

第62話  OGRESS-⑥

番外編  「SILENT DANCE」(サイレント ダンス)

表紙への感想です♪

篠原先生の水彩画です!!

ボッスンヒメコの開盟学園の一年生の頃かな・・・?

2人の目を見ると2人の感情が伝わってきそうです。

本当に見事な水彩画です(゚▽゚*)

雲の色遣いがキレイだな~。

見てると心が落ち着きます。

内容への感想です♪

いきなり、山野部先生黄老師から教わったクソゲーの話ですね(笑)

ヒュぺリオンですか・・・。

一回やってみたいですね (。・w・。 )

駒が魅力的だと思います!

確かにキャラのパワーアップはテンション上がります。

ドドンドンドドォーン!!!!

しまった!!ヒュペってしまった(笑)

次は浪漫の話ですね (o^-^o)

・・・笑える所がありすぎです!!

かなり面白い話だったと思います。

浪漫についていけなくなりそう・・・ι(´Д`υ)アセアセ

ヘタP君は夢破れて東京を去っちゃたし・・・(悲しい

そして!!ヒメコの過去編だ~!!

最初の新しいスティックを買いに行く話では、ボッスンがブリーチの斬魄刀の話をしようとすると遮られてたし(笑)

ポッキー2本!!←マイブームです

そして過去へと話がうつりました。

ヒメコが鬼姫と呼ばれるようになった理由・・・。

大切に思っていた友達からの裏切り・・・(ノ_-。)

ボッスンが出てくる前までの話は辛かったです。

しかしボッスンの登場でヒメコのツッコミが見れて少しほっとしました。

そしてキャプテン・・・可愛すぎる(笑)

キャプテンの良さが全面に表れてました。

ボッスンとキャプテンの優しい心によってヒメコが打ち解けていく様子は、見ていて微笑ましかったです。

スイッチも出てきましたよね (゚ー゚)

イケメン!!(笑)

印象に残っている言葉があります。

それは・・・

「オレは友達はぜってえ裏切らねえ!!絶対にだ!!!!」

心に打たれました・・・。

友達は大切にしたいな~。

最終的にキャプテンのピンチをヒメコとボッスンが救って終わりでした。

ヒメコの涙にはもらい泣き・・・゜゜(´□`。)°゜。

現代に戻って、加納ありさ(あーちゃん)がヒメコに謝るシーンがあって良かったと思います。

あーちゃんも勇気を持って前に進むことができました。

納得の終わり方でした。

アタシの心には爽やかで柔らかな薫風がさらさらとさらさらと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部室トーク&セルフライナーノーツの内容

今回はスケットダンスの単行本の中の部室トークの内容について語りたいと思います(。・w・。 )

スケットダンスの部室トークは、他の漫画の単行本と一緒で読者の質問に答えたり読者から送られたイラストを掲示するという形式になっています。

けれど他の漫画と違ってサービスが良いです♪

作者が質問された方の為に応援イラストを描いたり(スケットダンス5巻参照)、読者から与えられたお題でイラストを描いたり(スケットダンス8巻参照)、オバマさんも描いたりしてました。(スケットダンス6巻参照)

イラストを描かない質問でも、マジメに楽しく答えています。

読者のキャプテン争奪戦が始まったりしちゃってます(キャプテンは可愛いからな~)

次はセルフライナーノーツの内容について語りたいと思います。

セルフライナーノーツでは漫画を描いた裏話が書いてあります。

そして一話ごとに書かれています。

続きのある話では、まとめて一回で説明して余ったページで部室トークを載せています。

セルフライナーノーツを読んで作者のその話に対する気持ちを知った後に、もう一度読み返すと、また違った楽しみ方があります。

オレは話の方はジャンプで一度読んだ話なので(何回読んでも楽しいです)単行本では部室トークやセルフライナーノーツを楽しみに買っています。

今度、質問のハガキを出そうかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケット・ダンス 6巻感想

SKET DANCE 6 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 6 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス6巻を紹介します(◎´∀`)ノ

内容はこんな感じです♪

第45話  ロケット・ダンス ~遭遇~

第46話  クラブルームで髪を切る100の方法

第47話  過ちのエンジェル再臨

第48話  カイメイ・ロック・フェスティバル

第49話  スケッチブック

第50話  Funny Bunny

第52話  イメチェンしたにょら☆

第53話  クイズ戦士エニグマン

表紙への感想です♪

篠原先生の水彩画でスケット団の演奏シーンが描かれてます。

水彩画って心が温まります (o^-^o)

そして帯!!

The pillows山中さわおさんのメッセージが載っています。

「ボッスン、風の強い日を選んで走って行こう!」という言葉です。

良い言葉です。

そもそもスケットダンスとピロウズの関係が強まったのは、この6巻の中で「Funny Bunny」というピロウズの歌っている曲が使われてるからです。

これがきっかけで親交が深まり、ピロウズのCDジャケットを篠原先生が描いたりしています。

内容への感想です♪

ロケット・ダンス・・・。

しりとりが面白かったです (゚▽゚*)

お題は「ありそうな少年漫画のタイトルで」、ボッスンは「リーサルクラッシャー ガイ」、ヒメコは「今・・・行きます」、そしてスイッチは「スピーディーボーイ 俺」という漫画を考えつきました(笑)

この中で一番読みたいと思う漫画のアンケートをとったら面白そうですよね。

ちなみにオレはスイッチの考えた「スピーディーボーイ 俺」が良いかな・・・。

その後、生徒会の方々が宇宙人として出てきました。

パピプペポ語とかナニヌネノ語とかめんどくさいですね・・・(笑)

どうしてもコントに見えちゃう!!

そしてオチがヌスット・ダンスのオチと一緒でした( ^ω^)

他の話ではボッスンの髪の毛が大変な事になったり(最終的にアフロ)、ダンテ君の恋の手助けをしたり(ドライ者チョコのグッズ化を希望します!!)、Jソン先生のお見合いをサポートしたり(早く結婚がうまくいって欲しい)、変わってしまったモモカを元に戻したり(女優になちゃった!!)りしました。

モモカはどこまで行くのだろうか?

一応、声優→女優になってます。

次はなんだろう?

カイメイ・ロック・フェスティバルの話は良かったです(゚▽゚*)

ボッスンの言葉で印象的な言葉があります。

それは・・・

「力を付ける為に行くんだろう?だったら必要なのは実力じゃない 勇気だろ」

この言葉は、ドイツにバイオリンの修行の為に留学するか迷っている杉崎綾乃さんに言った言葉です。

この言葉以外にも良い言葉がいっぱいありました (゚m゚*)

読んでる方も励まされちゃいますね。

そしてスケット団のメンバーは杉崎さんの為にカイメイ・ロック・フェスティバルに出ます!!

そこで歌った歌がthe pillousの「Funny Bunny」です。

実際に歌を聞いてみたのですが、良い歌ですヽ(´▽`)/

前に進む勇気がもらえます!

ぜひ聞いてみて下さい。

最終的にスケット団は優勝は逃してしまいましたがベストソング賞をもらいました。

一位はダンテ君のグループ「ジャルダン」で、生徒会バンドが二位でした。

そしてスケット団に勇気をもらった杉崎さんは留学することを決心しました。

本当に良い話でした!!

6巻に収録されている最後の話はクイズですねo(*^▽^*)o

スケット団がクイズ研究部とクイズで対決します。

エニグマン(大門明智君)によるとこの世の中にはS(サド)とM(マゾ)とN(ナゾ)がいるそうです。

オレは・・・Nかな(笑)

クイズでは爆笑の連続ですね`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

シゲル君をしばく(ヒメコの回答)、シゲル君を「ライオンのエサ」のラベルの袋に入れる(スイッチの回答)など恐ろしい回答が満載・・・(笑)

他にもヒメコの絵が・・・下手すぎだったり、スイッチの絵の羊の上に「スイッチのボッスン」が描いてあったりと、なんでもアリになってしまいました。

ボッスンの方は、絵はうまいしクイズは正解しちゃったりと活躍してました。

次は7巻を紹介します♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケット・ダンス 5巻感想

SKET DANCE 5 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 5 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス5巻を紹介します(。・w・。 )

内容はこんな感じです♪

第36話  過ちのエンジェル

第37話  リトルプリンセスは気分上々

第38話  改じてくれよう桃太郎

第39話  オタクトオカルト

第40話  ランニングホームラン

第41話  兄・弟

第42話  スイッチ・オフ 前編

第43話  スイッチ・オフ 中編

第44話  スイッチ・オフ 後編

番外編①  「パペット・ダンス」

番外編②  「リゾート・ダンス」

表紙への感想です♪

5巻の話の内容が良く分かる表紙です。

おばあにゃんの悲しそうな目・・・(涙)

最初、ボッスンのポーズの意味が分からなかったけど、手で5巻ってことを表してますよね (*^-^)

1巻と2巻と3巻は、背表紙でスケット団のメンバーが巻数を表してたんですけど・・・。

内容への感想です♪

新キャラの伊達(ダンテ)君が出てきました。

めんどくさーい性格だね・・・(笑)

テリヤキバーガーが好きなんだそうです。(同感)

愚民グミの惰眠むさぼ朗のキーホルダーが欲しいと思ったのは俺だけ・・・。

ヒメコモモカが小さくなった話は、ボッスンの対応が笑えました`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

モモカが状況について行けてない・・・。

ボッスン必死だったね。

確かにボッスンは恐いお父さんにはならないと思う・・・ヾ(;´Д`A

そして・・・桃太郎を作り変える話!!

川上って何?(笑)

おばあにゃんをいじめちゃダメだ~!!

こんな桃太郎だったら爆笑しちゃうよね(´,_ゝ`)プッ

そして流行語に選ばれて欲しい言葉・・・

それ却下デース

この言葉は最高!!

いろんな場面で使えますぞ(笑)

スイッチ結城さんのデート?話では、結城さんの違う一面を見せてくれました。

結城さんって化粧すると美人じゃん!!みたいな。

スイッチと結城さんってお似合い・・・かも。

校長先生の孫、吉彦君とスケット団が遊ぶ話は面白ろかったです(゚▽゚*)

吉彦君の目が、だんだん大きくなっていくことに驚いたけど・・・。

だんだん子供らしい顔になったし。(スケット団の力のおかげ!!)

ベンチが吉彦君から貰った白いソファになって良かったです。

そしてスイッチの過去編ですね・・・・。

うーん・・・。

あんまり読みかいしたくない話です。

スイッチが口で話さなくなってしまった訳。

納得できる理由だったと思います。

やっぱり人の死はイヤですね・・・。

兄弟誤認トリックはスゴイと思います。

まんまとひっかっかてしまいました (。・w・。 )

個人的にはスイッチがパソコンで話すまでの話を見たかったかな~って思います。

番外編の1つは四コマでした。

スケット団が人形になっちゃいました!!

可愛くなったよ(笑)

もう1つの番外編は浜辺での女の子キャラだけでのしりとりでした。

男の子キャラが雑な絵になっちゃてました(笑)

八木ちゃんが、いきなり終わらしちゃうし。 ( ´艸`)プププ

キャプテンは普通な所が可愛い (o^-^o)

次は6巻を紹介します (* ̄0 ̄)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケット・ダンスの四巻感想

SKET DANCE 4 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 4 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス4巻を紹介します(◎´∀`)ノ

内容はこんな感じです。

第27話  一回戦 クッキング コロシアム

第28話  二回戦 スピリット ファイター

第29話  拳と剣

第30話  三回戦 シューティング キャングスター

第31話  SCM(さすがクールメガネ)

第32話  四回戦 こくはく物語

第33話  五回戦 ピクシーガーデン

第34話  妖精見つけた

第35話  閉幕!!

番外編  「BISCUIT DANCE」

表紙への感想です♪

生徒会執行部が全員集合してます(・∀・)イイ!

安形がカッコイイ(高そうなイスに座ってます)!!

イスはいくらだろうか?(笑)

内容への感想です♪

GVB(ガチンコ・ビバゲー・バトル)の話でした。

まず一回戦の 鬼塚 一愛VS榛葉 道流 の料理対決!!

ヒメコの親子丼がおいしそう・・・。

ミチルのオムライス食べたい・・・。

というより審査員の五人が面白い!

味のボキャブラリーがゼロ(笑)

結局、ヒメコは負けてしまったけど頑張ったと思う。

ヒメコの魅力がUPしたよ (。・w・。 )

二回戦の 武光 振蔵 VS 椿 佐介 の格闘対決!!

最後の振蔵の技 「四連」 はかっこよすぎます!!

振蔵強い!

椿も強かったです。

椿の着ている「粛正」の文字が入ったTシャツに笑っちゃたけど・・・。

三回戦の 笛吹 和義 VS 浅雛 菊乃の射撃対決!!

大舌戦から始まりました・・・(恐かった)

やっぱりデージーが恐い!!

ターミネーターとか(笑)

スイッチのパソコンの音を使ったトリックも良かったです。(スイッチらしさが出てました)

四回戦の 早乙女 浪漫 VS 丹生 美森 の告白対決!!

ミモリンの小切手入りラブレター・・・(笑)

ミモリンの性格が出てる・・・。

そしてロマン

ロマンって神だね(笑)

ロマンワールド全開です。

ロマンオーラって・・・・・・・ステファニー!!!

結局、編集者の不正によりミモリンが勝ちました。

もしロマンではなくキャプテンが出ていたら、別の楽しさがあったと思います。

ミモリンとキャラがかぶるかな・・・。(純粋な所が

ソフトーボールを教えるとかの方法で田所さんを、ときめかせるのかな・・・?

ロマンの読者予想の発言は面白かったな~ヽ(´▽`)/

そして五回戦 藤崎 祐助 VS 安形 惣司朗 のカード対決!!

安形が恐すぎる・・・(;ω;)

性格が悪いって言っちゃてるし・・・。

ボッスンの過去・・・・。

ボッスンの過去を知ってから見ると違う見方ができるよね♪

そして安形の頭の良さにボッスンが勝てませんでした。

IQ160ぐらいって(高い・・・。)

そして生徒会の優勝でGVB閉幕!!

みんな成長したよね (゚▽゚*)

ヤバ沢さんの3の口が手に入って良かった~(笑)

番外編の感想です♪

椿の幼稚園時代がカワイイ (≧∇≦)

みんな元気です!!

次はスケットダンスの5巻を紹介します o(*^▽^*)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スケット・ダンスの三巻感想

SKET DANCE 3 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 3 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンスの3巻を紹介します(◎´∀`)ノ

内容はこんな感じです。

第18話 ヌスット・ダンス

第19話 ジェネシス・ジェネレーション

第20話 モモカ声優志願

第21話 内田をプロデュース

第22話 友達がいっぱい

第23話 蜘蛛の会

第24話 スケット団漫画化計画

第25話 ガチンコ・ビバゲー・バトル

第26話 開戦!!

番外編 「メランコリック・ランデウ゛ー」

表紙への感想です♪

スケット団がタコ焼きをたべてます(食べたいな~

スイッチの口にもタコ焼きを食べた跡が・・・。

内容への感想です♪

まずはヌスット・ダンス!!

いきなりボッスン達が忍者になっちゃいました∑(=゚ω゚=;)

浪漫を救出するという依頼を受けて盗っ人団が動きだします!

そして用心棒役で振蔵が出てきたり幽霊役で結城さんが出てきたりと大混乱になりました(;;;´Д`)

結局、浪漫は漫画のルールを破ってアイシースクリーン S-614番で空から落ちてきました(笑)

浪漫が出てきたことにより何でもアリになっちゃいましたヾ(;´Д`A

イナズマフラッシュ!!!やってみたいな~。

そんでもってボッスンは自分が必要なのか考え始め、卑屈モードに突入しちゃいました(笑)

ボッスンは必要だよ!!

他にもモモカが声優になる為の話がありました。

「二人はナーバス」には笑いました(^-^;

一回見てみたいアニメだよね・・・。

ちなみにナーバスは英語でnervousと書いて、意味は神経質や不安という意味です。

印象に残っている言葉は・・・

「土に埋まって星を見る?」

です(笑)

この言葉は魔法のペテン師 リアリティ★マジの主人公の決めセリフです。

恐い子だ・・・。

倒した敵にお金を要求するとは。

現実的です・・・。

そしてモモカは特訓のおかげ?で見事声優オーディションに合格しました(*゚▽゚)ノ

その後、魔法のヤンキー リバリティー★真剣の声優に抜擢されました(笑)

その他にも内田君をNO.1コンテストでメダルをもらう為にスケット団が頑張ったり(この話はボッスンのクラスの人達のやさしさに感動しました)、生徒会の五人で蜘蛛の会を潰したり(スケット団の活躍ゼロでした・・・)、漫画家がスケット団を尋ねてきたりしました。(結局、生徒会の漫画・・・。悲しい・・・。)

番外編では、浪漫の書いた漫画が登場!

面白いよ(笑)

浪漫の努力の結晶です。

ボッスンも頑張った! (・∀・)

そして、いよいよ ガチンコ・ビバゲー・バトルが開催されました!!

この話は4巻の紹介の時に話します(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケット・ダンスの二巻感想

SKET DANCE 2 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 2 (ジャンプコミックス)

スケットダンス2巻!!

内容はこんな感じです。

第8話  美咲と光太郎

第9話  夏の桜

第10話 生徒会執行部

第11話 ヤバ雪姫

第12話 鬼姫の目にも涙

第13話 ファインディング・ぺロリン

第14話 リトルボスはご機嫌ななめ

第15話 見てはいけない

第16話 見たのね

第17話 見るんじゃない

なんだか15、16、17話だけホラー映画のタイトルみたいで怖いですね ヾ(;´Д`A

まず表紙への感想です♪

ヒメコボッスンスイッチの人形を持ってます。(可愛いです

やはりこの巻に人形劇の話があるから書いたのかな~?

内容への感想です (*゚▽゚)ノ

いきなり感動話でしたね♪

美咲テツの恋の為にスケット団が頑張りました!!

折り紙の鶴を桜の花びらに見立てて飛ばした時は泣きそうになりました(;ω;)

テツと美咲には幸せになって欲しいです。

ちなみにこの話の中でボッスンが初めて帽子を脱いだ姿を披露しますが、以外とカッコイイと思いました(笑)

ほかの話では、初登場の生徒会とスケット団が幼稚園の園児に見せる劇で対決しました。

ボッスン達の劇の練習は笑いの連続でした!!

やっぱりロマンでしょう(笑)

結城さんは怖かった~。

スイッチってメガネを外すとカッコイイ・・・。(アピールしてたし)

やはり、この話も感動のラストでした (ρ_;)

モモカの涙でもらい泣き的な・・・ o(;△;)o

他にもキャプテンのぺロキャン(ぺロキャンを食べてみたい!!)の当たりクジを探したり、ボッスンが子供になっちゃったり、呪いのビデオ?の真相をあばいたりしました。

呪いのビデオの話で印象に残っている言葉があります。

「信じるぜ アンタがオレ達を信用してくれるなら オレ達は信じる」

という言葉です。

優しい言葉です・・・。

スケット団カッコイイ!!

スケット団に入部したい!!

次は三巻を紹介します(*^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧