« 2009年12月 | トップページ | 2011年8月 »

2010年1月

■大切なお知らせ■

このブログの更新を休止したいと思います。

理由は学生の本業である学業の方が忙しくなってきた為、ブログを更新する時間がなくなってしまったからです。

このブログを応援して下さった方達に多大な迷惑をおかけすることをお許し下さい。

本当に申し訳ありません。

今の所は再開日時は未定です。

日常ブログの方は少しづつでも更新していく予定です。

ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。

SKET・DANCEは永遠です・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スケット・ダンス ジャンプ7号の感想

週刊少年ジャンプ7号のスケットダンスの感想です。

その前に・・・この頃全然更新しなくてスイマセン。

忙しいというか・・・スケットダンスへの熱意はまったく変わっていないんですけど。というより今回の話でもっとスケットダンスを好きになった。

さて今回の話の話題に行きましょうか。

     

         (ネタバレ注意です)

   

       Masked Love

今回のスケットダンスはCカラー!!

スケット団の3人が大人っぽい服装で身を包んでいます。

そして今回の話は・・・もうキュン死させるつもりか!!て話でした。

周りからはあっくんと呼ばれている超が付くほどのイケメン(ヤバ沢さんがバス、バスするほどの)がスケット団に恋の相談にやって来ます。

あっくんは本当に神が付くほどのイケメンですね。キラキラトーンがブワ~ですから。

篠原先生は可愛い女性を描くのも得意でイケメンな男性を描くのも得意なので、もう神ですね。

あっくん相談というのは大人の恋の相談ではなく顔からは想像も出来ない思春期特有の恋丸出しの相談でした。

どうやらあっくんは同じ部活の子に密かに想いを寄せているそうです。

しかし、あっくんの部活は顔を隠して行う部活だというのです。

ボッスンとヒメコの想像が笑えた。ちなみにスイッチは不在です。

発想力が豊かな2人の想像劇場ですね。

それより、ちょくちょくヒメコの話に登場すろA組の中谷さんってどなた?

そのうち登場するのかな?

そんなこんなで実はあっくんはクイズ研究部のエニグマン(大門明敏だったということが判明。

もちろん恋のお相手は助手のクエッチョン

そしてなんとあっくんは仮面を付けている時とつけていない時と付けていない時とでは性格が変わってしまうんだそうです。

あっくんはクエッチョンが仮面をかけている状態の自分を慕ってくれてはいるが、果たして素の自分を受け止めてくれるかが心配で告白するか迷ってしまっているそうです。

仮面装着→陽気な司会者キャラに。

仮面なし→小心者に。

こんな感じで性格は変化するそうです。

あっくんの迷っている姿にボッスンは気合の一言。

「この腐れビビリドN野郎ォーーーーー!!」

S(サド)

M(マゾ)

N(ナゾ)

世の中にはこの3種類の人間がいるそうですよ。

あっくんとクエッチョンはNだそうですよ。どうでもいいか。

ボッスンの言葉に勇気付けられたあっくんは仮面を付けた状態のクエッチョンに告白しに行きます。

一通りあっくんから告白の言葉を言われたクエッチョンは仮面を外します。

クエッチョンの素顔は・・・すごく可愛い女の子でした。

しかし。なんとクエッチョンも仮面を外すと性格が変化してしまうそうです。

仮面装着→エニグマンを慕う従順な性格

仮面なし→ヤンキーな性格

ヤンキーな性格になったクエッチョンはあっくんにひどい言葉で告白を断り去っていくのでした。

あっくん沈没・・・。

         ━終わり━

あっくんは可愛そう過ぎる。

でもあっくんは相当なイケメンなのでお相手はイッパイいるはずだよ。

でもあっくんはクエッチョンが一番好きだからね。

というよりスケットダンスの中での恋愛って絶対に成就しない気が・・・。

今回の2人は是非結ばれて欲しかったかな。

あっくんの再登場を本気で希望します!!

あとA組の中谷さんの登場も・・・。

掲載順位

22作品中13番目 (あくまで目安です)

打ち切りの心配はまったくないね。

作者コメント

おかげさまでドラマCD大好評につき第2弾決定です!

イラスト頑張ります!

よろしくおします<健太>

予約するかお金と論争中です。

でも欲しい!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんな○○・・・バトン♪

この頃、更新速度が遅くてスイマセン。

何かと忙しい今日この頃です。

何より週刊少年ジャンプ様が合併号で2週間に1回しか発売されないのが悲しい。

まぁ、作家さんも人間の訳だから休みも必要だからね。

さてさて今回は十代様から頂いた「こんな○○・・・」というバトンを。

このバトンはまわしてくれた方がキーワードを指定してそのキーワードについて色々語るバトンです。

それでは始めよう!!

もらった『指定』⇒『SKET・DANCE』

十代様は分かっておられる。

「SKET・DANCE」を指定してくれました。

1.最近思う『SKET・DANCE』

もうアニメ化しても良いと思うのですが・・・。

ドラマCD2弾が人気ということは1弾が好評だったとうことなのでアニメ化しても見る人はたくさんいるはず。

漫画の方面ではこれから今のままのスタイルで続けていくのか気になります。

今のままのスタイルで頑張って欲しい。

 

2.こんな『SKET・DANCE』には感動

スケット団の過去編は全部感動でした。

カイメイロックフェスティバル編も相当な感動でしたが。

もうSKET・DANCEの存在自体が感動じゃね。(スイマセン・・・。

  
3.直感的な『SKET・DANCE』

グタグタエンドレス・・・。

SKET・DANCEの最大の特徴だよね。これは。

他の漫画にはマネ出来ない神業だよ。

2人はナーバスの話は篠原先生の典型的な話の特徴じゃないかな。
  

4.好きな『SKET・DANCE』

ボッスンと椿の双子ネタをつっつくヒメコ達。

なんともいえない満足感。見守りたい感じ?

Jソン先生の結婚話も好き。早く結婚させてあげて下さい。
 

5.こんな『SKET・DANCE』は嫌だ

ない!!じゃつまらないか。

う~ん。SKET・DANCEに下ネタは似合わないかな。

なんかイヤだ。

SKET・DANCEの世界観に下ネタはなぜかマッチしない。
 

6.この世に『SKET・DANCE』がなかったら・・・?

まずこのブログがないじゃん。

考えられないよね。というか考えたくない。

多分、他の漫画に執着しまくってるうんだろうね。
  

7.次に回す人。(『指定』付きで)5人。

「SKET・DANCE」でブログをやっている方へ

このバトンの項目をもう少し多く欲しかったな。

SKET・DANCEを一文字で表すと?とか楽しそう。

「友」とか・・・。意外と一文字って難しいね。

SKET・DANCEならいくらでも語れる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スケット・ダンス 10巻の感想

SKET DANCE 10 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 10 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス10巻を紹介します。

10巻の内容

第81話 男の穏やかな休日

第82話 Happy Birthday-①

第83話 Happy Birthday-②

第84話 Happy Birthday-③

第85話 Happy Birthday-④

第86話 Happy Birthday-⑤

第87話 Happy Rebirthday-①

第88話 Happy Rebirthday-②

第89話 Happy Rebirthday-③

第90話 Happy Rebirthday-④

表紙への感想

篠原先生の神の水彩画です。

さすが美術系の大学を卒業されただけあるなと思います。

ボッスン・ヒメコ・スイッチ・椿の過去の姿が描かれています。

みんなの表情がホンワカとしていて幸せそうです。

背景の緑の葉が付いた木も水彩画だから表せる雰囲気が漂っていて素晴らしいです。

個人的に篠原先生の水彩画は大好きなので他の巻の表紙にも水彩画を描いていって欲しいです。

内容への感想

今回から見易さの為に感想を1話ずつに区切って書いていきます。

第81話 男の穏やかな休日

ボッスンの本当の両親である「亮輔」と「波瑠」、そしてその友達の「茜」が登場しました。

亮輔がカメラを買う為に貯めていた5万円の入った財布を落としてしまい、わらしべ長者をやっている内に欲しかったカメラが手に入るという話でした。

この話自体、ボッスンの過去編に突入する為の話ですが面白い内容だったと思います。

茜のお金への執着がよく表されていた作品じゃないかと・・・(笑)

波瑠さんの大の大人に200円とアメをあげるというホンワカさが出ていた作品じゃないかと・・・(笑)

最後にはあどけなさの残る14歳のボッスンが登場。

彼はなぜ人助けをしようと思ったのかが明かされるボッスン過去編に突入!

第82話 Happy Birthday-①

ボッスンがVHSに録画された自分の両親(亮輔と茜)、そして波瑠さんの日常風景を鑑賞。

そのことがたまたま帰ってきた母親である茜にバレてしまい「どこまで観たの!?」と意味深な言葉を言われVHSは隠されてしまう。

しかしたまたま見つけたアルバムに写った茜の姿に矛盾を感じる。

「どうしてお腹が大きくないんだ?」という質問に茜は?

この話にはボッスンの妹である瑠海が初登場。

兄であるボッスンに牛乳プリンを買いにいかせるなど強烈な性格を見せつけられました。

ボッスン観ていたVHSを茜がエッチなビデオと勘違いしたシーンに茜の母親ぶりに笑いました。

第83話 Happy Birthday-②

茜はボッスンと妹の瑠海に本当の両親は亮輔と波瑠だと打ち明けます。

そして亮輔と波瑠が現在にいない理由も話します。

血が繋がった人が1人もいないというあまりにも衝撃的な事実にボッスンは家を飛び出します。

「オレは天涯孤独・・・?」と。

この話は衝撃と悲しみという見ていてつらい話でした。

早くボッスンを救ってあげて欲しいと思いました。

第85話 Happy Birthday-③

当てもなく街中を歩くボッスン。

それを心配する茜と瑠海。

ボッスンは公園のベンチで15歳の誕生日を迎えます。

そして不良に絡まれたボッスンをボッスンの父親である亮輔に車にひかれそうになった所を助けられたという三島泰介に出会います。

その三島さんから事故直後に亮輔から預かったという波瑠へのプレゼントを渡され・・・。

この話の中に登場する不良のボス=ミチルという説があります。

もしこの不良のボスが中学生ならその説はなくなります。

理由はボッスンは中学3年生で不良ボスも中学3年生だとミチルがボッスンよりも1学年上という設定がおかしくなります。

もし不良ボスが高校生だとしても開盟学園の制服ではない為、確率は低い。

よって不良ボス=ミチルの説は破綻します。

ミチルが他校から転校して開盟学園に来たというなら話は変わりますが。

第86話 Happy Birthday-④

三島さんから貰った袋には亮輔から波瑠さんへの手紙を読むボッスン。

そこには「困っている人がいたら通り過ぎるな」と書いてあった。

この言葉に衝撃を受けたボッスンは先程の不良達が椿に絡んでいる所に割って入り亮輔の意思を継ぐことを決意しました。

ボッスンは父親である亮輔の意思を継いだと同時に自分の運命を受け止めたんですよね。

ボッスンは強い心を持った青年だと思いました。

そしてこの話で椿は視力が悪いことが判明。(どうでもいいですよね。

椿ってコンタクトだったんですね。

やはり勉強のしすぎによる視力の低下でしょうか。

第86話 Happy Birthday-⑤

心配している母親の茜と妹の瑠海の待っている家に帰ったボッスン。

しっかりと仲直りし、ボッスンの15歳の誕生日パーティー開催。

本当の両親の写ったVHSも家族全員で鑑賞。

もとの仲が良い家族に戻りました。

そしてボッスンは高校に入ったら困っている人を助ける部活を作ることに決めたのでした。

ボッスンの家の人達の家族の温かさを感じました。

ボッスン誕生日おめでとう!!

第87話 Happy Rebirthday-①

話は現代の開盟学園の文化祭の場面に。

暇を持て余していたボッスンの前にボッスンの誕生に立ち会った医師と名乗る男性に話し掛けられます。

その医師からボッスンは本当は天涯孤独などではなく血の繋がった人がいるという衝撃の事実を知らされます。

そしてボッスンは自分以外にもう1人生まれていた子供がいる事実にたどり着きます。

この話には文化祭のシーンだけあって様々な家の親が学校に来ます。

振蔵のお父さんである奮蔵さん。

うん。予想通りの人でした。

ボッスンの母親の茜と妹の瑠海も学校に来ます。

ヒメコとスイッチとの絡みも良かったです。

第88話 Happy Rebirthday-②

ボッスンの双子は実は椿だったことが判明。

その事実のボッスンは完全に動揺。

ボッスンの名前の「佑助」、椿の名前の「佐介」。

この名前はボッスン達の本当の母親である波瑠さんの「2人が協力して 右と左」という意味から付けられた名前だったのです。

とうとうこの話でボッスンの双子の相手が椿だと判明。

椿かもしれないと予想はしてたんですけど、それだとこらからの日常話が困ると思って違うと思っていたんです。

とてもビックリしました。

第89話 Happy Rebirthday-③

出産に立ち会った医師の男性が茜の負担と波瑠さんからの希望で2人のうち1人を預かっていたのです。

医師の男性から必死で謝られるボッスンであったが、この事実はあまりにも大きすぎて受け止めることが出来ませんでいた。

文化祭も終わり片付けをしている中、校庭に移動したボッスンは椿と遭遇。

自分だったらこんなことがあったら絶対に受け止められません。

ボッスンも同じく完全には受け止められませんが少し気持ちが落ち着いていたと思います。

第90話 Happy Rebirthday-④

ボッスンは椿からボッスンが兄だと聞かされます。

この言葉にボッスンはニタリ。

ボッスンと椿の関係はこれからも変わらないようです。

周りからの反応にも困っている様子の2人なのでした。

これにてボッスンの過去編は終了ですね。

最後のボッスンと椿の照れ顔ですべてが終わり、いつもの通りになった気がしました。

その他の感想

部室トークで繰り広げられていたボッスン過去編とはまったく雰囲気が違う「キャプテンの婿の争奪戦」が完結しました!!

キャプテンの人気ぶりがよく表れたこの事件。

篠原先生は完全に困り気味です。

最終的にキャプテンは読者みんなのものということで一件落着。

キャプテンは普通の可愛い子だから人気があってもしょうがないよね。

これにてスケットダンス10巻の感想は終了です。

いままでの単行本の感想とは書き方を変えた他為かなり長くなってしまいました。

これからもこのような書き方で書いていきます。

次は小説版の感想を書く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャラクターランキング「将来有名になりそう順」

管理人が勝手にスケットダンスに登場するキャラクターで「将来有名になりそう」というテーマでランキングを作ってしまいました。

前回の「頭が良さそう順」をテーマに続いての今回のランキング。

なんでこんなテーマにしたか?

それは・・・・・・・面白そうだから&考えやすいから

ものスゴイ適当は理由でスイマセン。

もちろん管理人の本当の考えで順位をつけたのでそこはご安心を。

スケットダンスに登場したキャラクターをすべて把握しなければいけない点が大変でしたが・・・。

ではではこんなろくでもない話はやめてそろそろ始めるでヤバス!!

「将来有名になりそうランキング」開始!!

6位~1位までを順番に発表していきます。

6位  吉備津 百香

モモカはすでに芸能人として有名なのでランキングに入れていいのか迷いましたが、今よりもっと有名になりそうという思いから6位にランクイン。

声優→女優→歌手→?

このようにモモカはシンデレラストーリーを華麗に繰り広げていますが次は何になるのだろうか?

今後の活躍に期待します!!

5位  榛葉 道流

ファンクラブ「シンバルズ」がいるほどのイケメン。

あれだけイケメンなら芸能界デビューしてハリウッドの映画に出演しちゃうんじゃねということで5位にランクイン。

料理も味にうるさい椿が納得すろ程の腕前だから料理番組にも出演できますよね。

実際、読者からの人気はイマイチ(人気投票19位)なのですがイケメンだからね。

4位  杉崎 綾乃  

ボッスンに勇気をもらってドイツにバイオリンの修行の為に留学することにした子です。

きっと彼女なら将来世界一のバイオリニストになっていることだろうという考えから4位にランクイン。

もしそうなったらボッスンは嬉しいんだろうな。

頑張って下さい!綾乃さん!!

3位  笛吹 和義

絶対、スイッチは何かの発明品でノーベル賞を取りそうということで3位にランクイン。

雑学もハンパないので雑学王とかにもなれそうですよね。

スイッチは頭が良いということかな。

テレビで科学VSオカルトの戦いを結城さんと繰り広げて欲しいです。

2位  中馬 鉄治

この人は・・・天才!!

ノベール賞なんて余裕でしょう。失敗は恐いですが。

とにかく学校の教師はやめて(教師としての働きはしてませんが)、科学者になって欲しいです。

学校の教師をやりながら研究した方が落ち着いてできそうですが・・・。

教師の仕事をしている所は見たことがありませんが。

1位  早乙女 浪漫

はい。ロマンは最強です。

ブワ~っとしたのを発動させてロマンワールドを爆発させれば世界は平和になりますよ。

乙女系オーラに耐性がある人は弱点となりますが忍法ページまたぎでもして修行すれば平気でしょう。

本業の漫画の方も・・・人気でますよ。きっとね。

ロマンは女優に向いているのか?相性は悪そうですが・・・。

ステファニーーーー!!

ということでロマンが・・・

「将来有名になりそうランキング」優勝~!!

主役のボッスンがランキング内に登場しなかった理由。

将来は探偵として浮気調査したり迷子の猫捜しをしたりしてそうだから。

探偵は有名になってはいけませんから。

ゴメンよ。ボッスン。ボッスンはジャンプの漫画の中でも地味キャラの分類だ・・・。

これ以上は言ってはいけません!!

ランキングを作るのは意外と難しいです。

漫画をすべて出して読みかいしてキャラを把握したり特長を思い出さなければいけないので。

ヤバ沢さんとかダンテもランキングに入れようと思ったんです。

忘れてたキャラに押し出されてみたいな。

ランキングを作るのは難しいと言いながらとても楽しい作業でした。

次はどんなお題でやろうかな?

本当にゴメンよ。ボッスン・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スケット・ダンス ジャンプ5・6号のの感想

週刊少年ジャンプ5・6号のスケットダンスの感想です。

合併号ということで2週間に1回のペースでしかジャンプが発売されなかったんですよね。

今回のジャンプをどれだけ待ち望んだか・・・。

ということで感想を書き始めますか!

          (ネタバレ注意です)

   第120話 ストップ!ジュバンニ

いきなりのスイッチからのクイズです!!

「何でもできる全知全能の神様が居たとします。さて、その神様は<誰にも持ち上げられない重たい石>を作り出す事ができるでしょうか?」

この問いに対してボッスンとヒメコはギブアップ。

さすがのボッスンもこの問題は解けないか。オレも解けないけど。

というより答えがないんだね。

「パラドックス」という現象で解けません。どうしても矛盾が生じるんだね。

ちなみに「パラドックス」というのは漢字で書くと「逆説」

実は学校で勉強したんです。

「パラドックス」の意味は・・・

一見真理ではないように見えながら、よくよく考えると真理にかなっている説。

・・・分かりませーん!!もうスルーで。

まぁそんなこんなでいつのまにかクイズの話題ではなくなり(「パラドックス」は後の伏線)ボッスンが力持ちなんだぞということでヒメコを持ち上げようとします。

ボッスンがヒメコの太ももをつかんで持ち上げようとしてる・・・。

このせいでヒメコからはデリカシーなし罪で逮捕されろ!!」とまで言われちゃいます。

本当にボッスンはデリカシーがないというか鈍い男の子なのかね~?

そんな時、スイッチが「ジュバンニ」という力士型のスーツで着ると10倍のパワーが出るという発明品を取り出します。

自分の体を使わなくても「ジュバンニ」に頼れば勝手に動けると。

なぜに「ジュバンニ」という名前なのだろうか?

そしてこのスーツの実験台としてボッスンが着ることに。

このスーツは有能なことにボッスンの声に反応して動くことが出来るんです。ボッスンが「装着」といえば自動で装着的な感じです。

逆に言えばボッスンの声だけでしか動かないということかな。

ボッスンは「ジュバンニ」に「歩け」と命令。

・・・「ジュバンニ」は壁を避けずに永遠に壁に向かってボッスンが壁と同化しちゃうほど歩く。

なんとかボッスンの「とめて~」という言葉で止まりましたが。

このような光景をこち亀でも見たことがあるんですよ。両さんがパワースーツを着る話みたいな。

両さんは壁を何枚もぶっ飛ばしてましたが。

次にペットボトルに入っているコーラを飲ませるように「ジュバンニ」に命令。

・・飲みながらは命令は出せないのでペットボトルのコーラを全部飲み干すまで飲まされることになりボッスンは窒息寸前。

スイッチの説明では「ジュバンニ」は学習が足りない為に高度な動きができないそうです。

なのでボッスンは「ジュバンニ」の学習を開始。もうボッスンは「ジュバンニ」の父的存在な感じですよね。

3時間程の特訓を終えた「ジュバンニ」は少しの感情が芽生えるほど進化しました。

そしてこの芽生えた自我によってボッスンが言ってしまった「一度言った命令は忠実に責任持って必ずやり遂げる」という言葉により「ジュバンニ」に言った命令は二度とキャンセルできないことに後から気付きます。

すっかり力に自信がついたボッスンはヒーローとして命を懸けて戦おうかなと言い出します。

これに対してヒメコはボッスンが命なんか懸けられないと反発。

ボッスンは最終的に「いつだって死んでやるよ!!!」と言ってしまいます。

ボッスンが死んだら読者が悲しむよ!!次は椿が主人公の「生徒会執行部だ!」が始まっちゃうよ!!まぁ椿が主人公は大歓迎だけど・・・。

その言葉を聞いた「ジュバンニ」は屋上へと走りだします。

屋上からダイブしてバーン計画発動です。

ボッスンが「止まれ!」と言っても「ジュバンニ」は命令を自我によって無視。

屋上から飛び降りようとした時、ボッスンが「オレの命令を聞くな!!!」と「ジュバンニ」に指示します。

この言葉によって「パラドックス」が起こり「ジュバンニ」はお亡くなりに・・・。

命令を聞いても聞かなくても命令違反になってしまい「ジュバンニ」は結論が出せなくなっってショートしてしまったみたいです。

一件落着したボッスンは「ジュバンニ」を脱ぐことに。

しかしエラーを起こして故障した「ジュバンニ」は「脱衣」という言葉に反応しなくなり3日間の間脱げないことに・・・。

          ━終わり━

今回の話はジュバンニさんの育成日記的な話でした。そうなのか!!

相変わらずスイッチの発明品は波乱を起こしますね。

次を期待してるよ!

掲載順位

22作品中15番目(あくまで目安です)

順位の安定感バッチリ!!

作者コメント

おめでとうございます。今年も頑張ります。⑪巻発売中ですのでどうぞヨロシク!<健太>

最初、何に対してのおめでとうだか分かりませんでしたが明けましておめでとうのおめでとうなんだよね。

文字制限で入りきらなかったんですよね。

⑪巻はゲットしました!!⑫巻を楽しみに待ってます♪

次回情報

次回はドラマCD第2弾決定記念Cカラー!!

巻頭カラーも待っています♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケット・ダンス11巻を買ってきました♪

Slfskp_3

写真の通り、スケットダンス11巻を買ってきました!!

今回の表紙は椿+スケット団の3人です。

表紙の背景がクリーム色っていい感じに落ち着くよね。

話の内容はジャンプで読んでいるのですが他の情報が満載の11巻だったと思います。

部室トーク内の読者からの質問により新情報?が!!

・ボッスンと椿のプロフィール(誕生日、血液型、身長、体重)が明らかに!

第67話「ガチャガチャトレーダー」に登場する「ハシャイダー」シリーズの全5体が明らかに!

この2つの情報は衝撃的でした。

特に「ハシャイダー」シリーズの全5体が明らかになったのは嬉しい限りです。

スケダンファンの方は記憶の片隅に置きながらも知りたいと思っていた情報だと思うので。

そしてドラマCD第2弾の予約の紙も帯としてついてきました。

今回こそ絶対に買わなければ。

スケットダンス11巻の詳しい感想は後日掲載します。

まだ10巻と小説の感想も書いていないのでいつになるかは分からないのですが1ヵ月以内には書きたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初バトン!!

このブログを始めてから初めてのバトンに挑戦!!

もちろんスケットダンスに関係のあるバトンですが・・・。

では始まりです!!

●SKET DANCE選択バトン●

SKET DANCEのキャラ達と学園生活をしよう!

必ず誰が選んでね!




○学校に登校だ!誰と登校する?

1「おはよ!一緒に学校行こーぜ!」 朝から笑顔が眩しいボッ

 スン

2「一緒に行きましょ☆」 可愛いけどウザいロマン

3「早く行きますよ」 一緒に行くのが当たり前!?椿



⇒もちろんボッスンの1!!

  何かと面白いことを話しかけてくるボッスンのおかげで学校まで

  の道のりが楽しくなりそうな気がする。

  ロマンもいいと思うけどロマンワールドに飲み込まれて学校に遅

  刻しそうじゃん・・・。

  椿は何か緊張感のある登校になりそう。絶対に沈黙状態に気ま

  ずくなると思うし。信号無視したら「愚か者!!」って言われそう。

   
○学校に着いた!玄関には誰がいる?


1「朝から元気やなあ!」 むしろ貴女の方が元気です。ヒメコ

2「おはようでござる!」 朝から渋い振蔵

3「『おはようでござる!(゜∀゜)』」 振蔵の真似?スイッチ



⇒3のスイッチが良いかも。

  オタクな話を始めようではないか!!多分ついていけませんが

  (笑)

  ヒメコもいいけど気を使わなければ。ボケも考えなければ。

  オレはどちらかといえばボケだけど。

  振蔵は時代劇言葉で付いていくのは楽しそうだよね。

  「振蔵殿!!今日は何用でござるか?」みたいな。


○さあ授業だ!誰の授業をうけたい?


1「あー…めんどいから自習。」 そんなんでいいの!?チュウ

 さん

2「ノコギリはすごく危な…〔キィィン!!〕…で気をつけて…」
    ノコギリの音で聞き取れません。Jソン先生

3「ちゃんと発音したまえ!」 いちいちウルサい金城先生



⇒2のJソン先生。

  危ない人だけど本当は良い人だから。お見合いも手伝いたい。

  工芸の授業が一番楽しそう。

  チュウさんは・・・薬品の実験台にされちゃう。危険だし。

  金城先生は論外で(笑)良い先生なんだけどね。キャラ的に。



○さあ放課後。誰と過ごす?


1「生徒会の仕事、手伝ってくんね?」 私、無関係ですよ!

 置物会長、安形

2「ヒメコがウザいんだ!!助けてくれ!!」 また小さくなって

 る!リトルボッスン

3「やあ!デートしようか♪」 いきなりデートの誘いですか。榛

 葉


⇒絶対2!!

  リトルボッスンを守ります!!リトルボッスンって可愛いよね。

  家族写真を1枚だけ!!(笑)

  生徒会の仕事もいいけど・・・椿しか仕事してなくね?

  手伝いの内容を知りたい。ただ話すだけとか。

  榛葉さん・・・オレ男子です・・・。



○もう夜。家に来たのは?


1「すまないが泊めてくれ」 いきなりどうしたの!?デージー

2「アタイが泊まってやる!」 なぜか命令口調な百香

3「家に泊まりに来ません?家おっきいですよ~」 微妙に家

 自慢。ミモリン


⇒う~ん。3・・・。

  お金持ちの家にお泊りって新発見がたくさんで楽しそう。

  デージーが泊まらせてくれと言うのもレアだと思うけど。

  モモカは芸能人だからスキャンダルになっちゃうじゃん。

  迷惑はかけられないよ。



お疲れ様でした!

次に回す人


⇒スケダン好きのあなたに!!

このバトン楽しい♪

これをきっかけに色々なバトンを探してきたいと思います。

というより自分で作るのも楽しそう。

バトンってどうやって作るんだろう?勝手に作っちゃっていいの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス数10000突破!!

アクセス数が10000を突破しました!!

スケットダンスが好きだからという理由だけでいきなり始めたブログでした。

気付けばもう4ヶ月。

いつまで続けられるか分かりませんが(一応、決めています)これからも一生懸命に全力疾走していきたいと思いますので宜しくお願いします。

それではアクセス数記事恒例の各種発表をしていきたいと思います。

検索ワード/検索フレーズ

このブログにどのような言葉を組み合わせて検索して訪れたか分かります。

1位  スケットダンス 感想

2位  スケットダンスドラマcd感想

3位  SKET DANCE

4位  スケットダンス

5位  椿と雛菊

6位  VOMIC スケットダンス

7位  スケットダンス 小説

8位  スケットダンス グッズ

9位  ナックルからあげ

10位  スケットダンス11巻

スケットダンス関連の言葉しかありません。

というよりスケットダンスを知らなきゃつまらないブログなので。

たまにダンス関連の言葉で来ている方もいるので申し訳なく思います。

検索ワード

このブログにどのような言葉で検索して訪れたか分かります。

1位  スケットダンス

2位  感想

3位  SKET

4位  DANCE

5位   sket

6位  ドラマcd

7位  dance

8位  ボッスン

9位  ジャンプ

10位  スケット  

こちらもスケットダンス関連の言葉一色です。

やっぱりブログの題名が題名だからかな。

リピート

このブログに再び訪れた割合が分かります。

123%

前回は11.3%だったので1%上昇しました。

嬉しい結果です♪

各種発表はこれにて終了です。

アクセス数10000突破企画発足!!

絵を描いたりするはずなのですがそれは後でにします。(いつになるか未定ですが)

3日連続更新を決行します!!

更新が遅いこのブログにピッタリの企画だと思って。

「たった3日かよ!!」という意見はたくさんあると思いますが3日で勘弁を・・・。

ということで明日から3日連続で更新しちゃいます。

3日の間に何個の記事を書くかは未定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2011年8月 »