« 高橋千秋(キャプテン)について | トップページ | スケット・ダンス ジャンプ42号の感想 »

スケット・ダンスの三巻感想

SKET DANCE 3 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 3 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンスの3巻を紹介します(◎´∀`)ノ

内容はこんな感じです。

第18話 ヌスット・ダンス

第19話 ジェネシス・ジェネレーション

第20話 モモカ声優志願

第21話 内田をプロデュース

第22話 友達がいっぱい

第23話 蜘蛛の会

第24話 スケット団漫画化計画

第25話 ガチンコ・ビバゲー・バトル

第26話 開戦!!

番外編 「メランコリック・ランデウ゛ー」

表紙への感想です♪

スケット団がタコ焼きをたべてます(食べたいな~

スイッチの口にもタコ焼きを食べた跡が・・・。

内容への感想です♪

まずはヌスット・ダンス!!

いきなりボッスン達が忍者になっちゃいました∑(=゚ω゚=;)

浪漫を救出するという依頼を受けて盗っ人団が動きだします!

そして用心棒役で振蔵が出てきたり幽霊役で結城さんが出てきたりと大混乱になりました(;;;´Д`)

結局、浪漫は漫画のルールを破ってアイシースクリーン S-614番で空から落ちてきました(笑)

浪漫が出てきたことにより何でもアリになっちゃいましたヾ(;´Д`A

イナズマフラッシュ!!!やってみたいな~。

そんでもってボッスンは自分が必要なのか考え始め、卑屈モードに突入しちゃいました(笑)

ボッスンは必要だよ!!

他にもモモカが声優になる為の話がありました。

「二人はナーバス」には笑いました(^-^;

一回見てみたいアニメだよね・・・。

ちなみにナーバスは英語でnervousと書いて、意味は神経質や不安という意味です。

印象に残っている言葉は・・・

「土に埋まって星を見る?」

です(笑)

この言葉は魔法のペテン師 リアリティ★マジの主人公の決めセリフです。

恐い子だ・・・。

倒した敵にお金を要求するとは。

現実的です・・・。

そしてモモカは特訓のおかげ?で見事声優オーディションに合格しました(*゚▽゚)ノ

その後、魔法のヤンキー リバリティー★真剣の声優に抜擢されました(笑)

その他にも内田君をNO.1コンテストでメダルをもらう為にスケット団が頑張ったり(この話はボッスンのクラスの人達のやさしさに感動しました)、生徒会の五人で蜘蛛の会を潰したり(スケット団の活躍ゼロでした・・・)、漫画家がスケット団を尋ねてきたりしました。(結局、生徒会の漫画・・・。悲しい・・・。)

番外編では、浪漫の書いた漫画が登場!

面白いよ(笑)

浪漫の努力の結晶です。

ボッスンも頑張った! (・∀・)

そして、いよいよ ガチンコ・ビバゲー・バトルが開催されました!!

この話は4巻の紹介の時に話します(o^-^o)

|

« 高橋千秋(キャプテン)について | トップページ | スケット・ダンス ジャンプ42号の感想 »

単行本★感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265671/31349514

この記事へのトラックバック一覧です: スケット・ダンスの三巻感想:

« 高橋千秋(キャプテン)について | トップページ | スケット・ダンス ジャンプ42号の感想 »