トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

それ却下デース☆

それ却下デース 

良い言葉です・・・(笑)

この気持ちがあれば、どんな試練も乗り越えられるはず!!

ちなみに、この言葉はスケットダンス5巻に収録されている「改じてくれよう桃太郎」の話の中で出てくる言葉です。

新型インフルエンザ・・・それ却下デース☆

勉強・・・それ却下デース☆

明日が見えない・・・それ却下デース☆

こんな感じです `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

落ち込んだ時にはそれ却下デースを思いだそう ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

どんなに落ち込んだ時でも前を向いて歩けるはず!!

新型インフルエンザも吹き飛ばせる・・・かもしれない。

友達に教えてあげなきゃ(笑)

明日からジャンプショップで買った、ボッスンのピンズをカバンに付けることにします。

失くさないようにしないと・・・。

ボッスンよろしく!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

1000アクセス突破!!

1000アクセスを突破しました!!

とっても嬉しいです♪

このブログはサイト内から来ていただいている方が一番多いです。

66.1%がサイト内から来ています。

検索ワードの方は・・・

一位  スケットダンス 8.8%

二位  スケットダンス感想  7.1%

三位  スケットダンス ドロップ 5.8%

四位  スケットダンス ヘリウム 4.7%

五位  sket dance  2.0%

こんな感じです。

やはりスケットダンスに関連のあるキーワードで来ていただいています。

99、1%がスケットダンス関連のキーワードです。

これからもスケットダンス一筋で続けられるまで頑張りたいです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スケット・ダンス ジャンプ44号の感想

週刊少年ジャンプ44号の感想です (ネタバレ注意です)

  第107話 おり神とよばれた男

スケット団の部室でヒメコが「サライ」を歌いながら折り紙をおっています。

そしてボッスンに完成した折り紙を見せます。

ヒメコは鶴を折ったつもりだったのですが、ボッスンにゲームに出てくる敵キャラだと言われてしまいます(かなり変な鶴でした・・・。)

するとボッスンは手本として鶴を折ります。

完成したボッスンの鶴は見事に出来上がりました。(かなりうまいです)

スイッチが鶴のとがっている部分で指を刺して血がでてしまう程です。

するとヒメコが興奮しながらボッスンにウサギを折るように頼みます。

ボッスンはウサギの折り方が載っている本を見ながら折り始めます。

その時、ボッスンの携帯にお母さんから電話がありました。

電話をしながらもボッスンは片手でウサギを折り続けます。

そして出来たウサギも天才レベルでした。

そらからヒメコの提案で、スケット団のメンバーでお題を決めて本などを見ずに折り紙の対決をすることになります。

お題はサル!!

最初にヒメコの作品が発表されます。

本人がいうには親子のサルを作ったそうですが・・・セロハンテープでくっつけて・・・。(ボッスンはゴミだと言っていました)

次にスイッチの作品は猿の顔の輪郭を折り紙で作って、ペンで目や口などを書いていました。

そしてボッスンの作品は、ヒメコが悲鳴を上げてしまうほど天才的な作品でした。

これからボッスンは折り紙にはまってしまいます。

ネコやカマキリ、ヤバ沢さんも折り紙で作ってしまいます。

そんな時、スイッチが折り紙コンテストに出てみないかと誘います。

しかし折り紙を極めているボッスンは「興味ない」とキッパリ言います。

けれど優勝賞金は100万円ときいて出場することになります。

それからボッスンはコンテスト用の作品を作る為の折り紙作品を作り始めますが、なかなか良い作品は出来ません。

そしてコンテスト当日。

まだ気に入った作品は出来ていません。

それでもボッスンは諦めず、ヒメコスイッチに「先にコンテスト会場に行って待っていて」とお願いします。

ボッスンも「作品が出来上がり次第会場に行く」と言います。

ボッスンスイッチに会場の行き方を聞いて紙にメモをします。

それからボッスンはゴーグルを装着して折り紙を作ります。

そして「天描けるペガサス」という作品が出来上がります。(折り紙100枚分ぐらいかな・・・。)

ボッスンは急いで会場に行く為にスイッチから聞いて書いた地図を探しだします。

しかし地図は見つかりません。

その時、ボッスンはメモをした紙が折り紙だったことを思い出します。

なんと作った作品の中に地図を書いた折り紙があったのです。

ボッスンは地図がない為に会場に行くことが出来ず、部室で座りこんで落ち込んでしまいます。

           終わり

感想です♪

ボッスンの器用さが全面にでています・・・(笑)

ボッスンは少年ジャンプには似合わない特技がイッパイありますよね。

そこがボッスンの1つの魅力かな?

ヒメコは・・・不器用でした(笑)

みんなの個性が出た話でした (◎´∀`)ノ

折り紙をやりたくなってくる・・・(○゚ε゚○)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

笑うドライ者チョコ!!

Cocolog_oekaki_2009_09_26_13_4

Cocolog_oekaki_2009_09_26_13__2

スケットダンスの中に出てくる笑うドライ者チョコを描いてみました!!

さすげに円と線だけで書くには限界がありました・・・。

色のつけ方もわからないし・・・。

一応、ドライだから顔は青くしてみました (◎´∀`)ノ

けれど青いチョコって・・・と思って、茶色バージョンも描きました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

部室トーク&セルフライナーノーツの内容

今回はスケットダンスの単行本の中の部室トークの内容について語りたいと思います(。・w・。 )

スケットダンスの部室トークは、他の漫画の単行本と一緒で読者の質問に答えたり読者から送られたイラストを掲示するという形式になっています。

けれど他の漫画と違ってサービスが良いです♪

作者が質問された方の為に応援イラストを描いたり(スケットダンス5巻参照)、読者から与えられたお題でイラストを描いたり(スケットダンス8巻参照)、オバマさんも描いたりしてました。(スケットダンス6巻参照)

イラストを描かない質問でも、マジメに楽しく答えています。

読者のキャプテン争奪戦が始まったりしちゃってます(キャプテンは可愛いからな~)

次はセルフライナーノーツの内容について語りたいと思います。

セルフライナーノーツでは漫画を描いた裏話が書いてあります。

そして一話ごとに書かれています。

続きのある話では、まとめて一回で説明して余ったページで部室トークを載せています。

セルフライナーノーツを読んで作者のその話に対する気持ちを知った後に、もう一度読み返すと、また違った楽しみ方があります。

オレは話の方はジャンプで一度読んだ話なので(何回読んでも楽しいです)単行本では部室トークやセルフライナーノーツを楽しみに買っています。

今度、質問のハガキを出そうかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケット・ダンス 6巻感想

SKET DANCE 6 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 6 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス6巻を紹介します(◎´∀`)ノ

内容はこんな感じです♪

第45話  ロケット・ダンス ~遭遇~

第46話  クラブルームで髪を切る100の方法

第47話  過ちのエンジェル再臨

第48話  カイメイ・ロック・フェスティバル

第49話  スケッチブック

第50話  Funny Bunny

第52話  イメチェンしたにょら☆

第53話  クイズ戦士エニグマン

表紙への感想です♪

篠原先生の水彩画でスケット団の演奏シーンが描かれてます。

水彩画って心が温まります (o^-^o)

そして帯!!

The pillows山中さわおさんのメッセージが載っています。

「ボッスン、風の強い日を選んで走って行こう!」という言葉です。

良い言葉です。

そもそもスケットダンスとピロウズの関係が強まったのは、この6巻の中で「Funny Bunny」というピロウズの歌っている曲が使われてるからです。

これがきっかけで親交が深まり、ピロウズのCDジャケットを篠原先生が描いたりしています。

内容への感想です♪

ロケット・ダンス・・・。

しりとりが面白かったです (゚▽゚*)

お題は「ありそうな少年漫画のタイトルで」、ボッスンは「リーサルクラッシャー ガイ」、ヒメコは「今・・・行きます」、そしてスイッチは「スピーディーボーイ 俺」という漫画を考えつきました(笑)

この中で一番読みたいと思う漫画のアンケートをとったら面白そうですよね。

ちなみにオレはスイッチの考えた「スピーディーボーイ 俺」が良いかな・・・。

その後、生徒会の方々が宇宙人として出てきました。

パピプペポ語とかナニヌネノ語とかめんどくさいですね・・・(笑)

どうしてもコントに見えちゃう!!

そしてオチがヌスット・ダンスのオチと一緒でした( ^ω^)

他の話ではボッスンの髪の毛が大変な事になったり(最終的にアフロ)、ダンテ君の恋の手助けをしたり(ドライ者チョコのグッズ化を希望します!!)、Jソン先生のお見合いをサポートしたり(早く結婚がうまくいって欲しい)、変わってしまったモモカを元に戻したり(女優になちゃった!!)りしました。

モモカはどこまで行くのだろうか?

一応、声優→女優になってます。

次はなんだろう?

カイメイ・ロック・フェスティバルの話は良かったです(゚▽゚*)

ボッスンの言葉で印象的な言葉があります。

それは・・・

「力を付ける為に行くんだろう?だったら必要なのは実力じゃない 勇気だろ」

この言葉は、ドイツにバイオリンの修行の為に留学するか迷っている杉崎綾乃さんに言った言葉です。

この言葉以外にも良い言葉がいっぱいありました (゚m゚*)

読んでる方も励まされちゃいますね。

そしてスケット団のメンバーは杉崎さんの為にカイメイ・ロック・フェスティバルに出ます!!

そこで歌った歌がthe pillousの「Funny Bunny」です。

実際に歌を聞いてみたのですが、良い歌ですヽ(´▽`)/

前に進む勇気がもらえます!

ぜひ聞いてみて下さい。

最終的にスケット団は優勝は逃してしまいましたがベストソング賞をもらいました。

一位はダンテ君のグループ「ジャルダン」で、生徒会バンドが二位でした。

そしてスケット団に勇気をもらった杉崎さんは留学することを決心しました。

本当に良い話でした!!

6巻に収録されている最後の話はクイズですねo(*^▽^*)o

スケット団がクイズ研究部とクイズで対決します。

エニグマン(大門明智君)によるとこの世の中にはS(サド)とM(マゾ)とN(ナゾ)がいるそうです。

オレは・・・Nかな(笑)

クイズでは爆笑の連続ですね`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

シゲル君をしばく(ヒメコの回答)、シゲル君を「ライオンのエサ」のラベルの袋に入れる(スイッチの回答)など恐ろしい回答が満載・・・(笑)

他にもヒメコの絵が・・・下手すぎだったり、スイッチの絵の羊の上に「スイッチのボッスン」が描いてあったりと、なんでもアリになってしまいました。

ボッスンの方は、絵はうまいしクイズは正解しちゃったりと活躍してました。

次は7巻を紹介します♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイッチのボッスン&スケットグッズ

スイッチの描いたボッスンって良いですよね (≧∇≦)

ボッスンの特徴を良く表している絵です。

人気投票では五位だったし・・・。(絵なのに)

スイッチのボッスンって絵が苦手な人にも描けそうな絵ですよね。

オレもテスト用紙に描いたし・・・(下手だったけど

スイッチのボッスンを見ているとスケット団の絆が伝わってきますよね o(*^▽^*)o

ちなみにジャンプショップでスイッチのボッスンのピンズが400円で売っています。

欲しい・・・。

去年のジャンプフェスタで、ボッスンのピンズとリストバンドはGETしました!!

ボッスンのピンズは学校のカバンに付けていたのですが・・・何度も外れてしまい、今は大切に保管しています。

リストバンドの方は一度も付けずに永久保管しています。

他にもスケットダンスの一周年記念ポスターとかが欲しかったです(*゚▽゚)ノ

人気投票に応募しないと当たらないんですけど・・・。

だいたい100人に1人の確率でした。

なので二周年記念のブックカバーをGETしてやるぜ!

応募しよう~っと♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スケットマーク

Cocolog_oekaki_2009_09_22_13_5

スケット団のマークを描いてみました・・・。

けっこう大変でした(;;;´Д`)

ちなみに、このマークは角とゴーグルをモチーフにボッスンがデザインしたマークです。(スケットダンス4巻参照)

篠原先生は「スケットマーク」と読んでいるそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スケット・ダンスと銀魂の関係

スケットダンスの作者である篠原先生が、空知先生のアシスタントだったことは有名ですよね (゚▽゚*)

自分的には銀魂も大好きなので嬉しい情報です。

ちなみにアシスタント時代のペンネームは NAKAE SHINTAROH というペンネームです。

銀魂の公式キャラクターブック銀ちゃんねるの中のアシスタントさん大紹介のコーナーで紹介されてます。

好きな銀魂キャラである新八が描かれてますよ (o^-^o)

空知先生に一言では「健康第一」という言葉を言っています。

漫画家は健康が大事だよね (`・∞・´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケット・ダンス 5巻感想

SKET DANCE 5 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 5 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス5巻を紹介します(。・w・。 )

内容はこんな感じです♪

第36話  過ちのエンジェル

第37話  リトルプリンセスは気分上々

第38話  改じてくれよう桃太郎

第39話  オタクトオカルト

第40話  ランニングホームラン

第41話  兄・弟

第42話  スイッチ・オフ 前編

第43話  スイッチ・オフ 中編

第44話  スイッチ・オフ 後編

番外編①  「パペット・ダンス」

番外編②  「リゾート・ダンス」

表紙への感想です♪

5巻の話の内容が良く分かる表紙です。

おばあにゃんの悲しそうな目・・・(涙)

最初、ボッスンのポーズの意味が分からなかったけど、手で5巻ってことを表してますよね (*^-^)

1巻と2巻と3巻は、背表紙でスケット団のメンバーが巻数を表してたんですけど・・・。

内容への感想です♪

新キャラの伊達(ダンテ)君が出てきました。

めんどくさーい性格だね・・・(笑)

テリヤキバーガーが好きなんだそうです。(同感)

愚民グミの惰眠むさぼ朗のキーホルダーが欲しいと思ったのは俺だけ・・・。

ヒメコモモカが小さくなった話は、ボッスンの対応が笑えました`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

モモカが状況について行けてない・・・。

ボッスン必死だったね。

確かにボッスンは恐いお父さんにはならないと思う・・・ヾ(;´Д`A

そして・・・桃太郎を作り変える話!!

川上って何?(笑)

おばあにゃんをいじめちゃダメだ~!!

こんな桃太郎だったら爆笑しちゃうよね(´,_ゝ`)プッ

そして流行語に選ばれて欲しい言葉・・・

それ却下デース

この言葉は最高!!

いろんな場面で使えますぞ(笑)

スイッチ結城さんのデート?話では、結城さんの違う一面を見せてくれました。

結城さんって化粧すると美人じゃん!!みたいな。

スイッチと結城さんってお似合い・・・かも。

校長先生の孫、吉彦君とスケット団が遊ぶ話は面白ろかったです(゚▽゚*)

吉彦君の目が、だんだん大きくなっていくことに驚いたけど・・・。

だんだん子供らしい顔になったし。(スケット団の力のおかげ!!)

ベンチが吉彦君から貰った白いソファになって良かったです。

そしてスイッチの過去編ですね・・・・。

うーん・・・。

あんまり読みかいしたくない話です。

スイッチが口で話さなくなってしまった訳。

納得できる理由だったと思います。

やっぱり人の死はイヤですね・・・。

兄弟誤認トリックはスゴイと思います。

まんまとひっかっかてしまいました (。・w・。 )

個人的にはスイッチがパソコンで話すまでの話を見たかったかな~って思います。

番外編の1つは四コマでした。

スケット団が人形になっちゃいました!!

可愛くなったよ(笑)

もう1つの番外編は浜辺での女の子キャラだけでのしりとりでした。

男の子キャラが雑な絵になっちゃてました(笑)

八木ちゃんが、いきなり終わらしちゃうし。 ( ´艸`)プププ

キャプテンは普通な所が可愛い (o^-^o)

次は6巻を紹介します (* ̄0 ̄)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケット・ダンスのドラマCD&小説

スケットダンスのドラマCDが10月30日に発売されます!!

まぁ予約締め切りが9月9日までだったので終わってしまったんですけど・・・(;ω;)

ちなみにジャケットイラストは篠原先生の描き下ろしです。

そして描き下ろしイラスト使用ポストカードも付いてきます。

ドラマCDの内容は、「運命のもみの木」の伝説をめぐっての事件と、生徒会執行部が主役のショートストーリーも収録しているそうです。

キャストさんはこちらの方達です (◎´∀`)ノ

ボッスン役       吉野 浩行さん

ヒメコ役        白石 涼子さん

スイッチ役       杉田 智和さん

武光振蔵役      小西 克幸さん

矢場沢萌役      生天目 仁美さん

吉備津桃香役    井上 麻理奈さん

早乙女浪漫役    清水 愛さん

結城零呼役      小林 ゆうさん

伊達(ダンテ)役   近藤 隆さん

八木薫役       名塚 佳織さん

安形惣次朗役    関 智一さん

椿佐介役       櫻井 孝宏さん

浅雛菊乃役     遠藤 綾さん 

榛葉道流役     鳥海 浩輔さん

丹生美森役     榎本 温子さん  

声優さんが豪華ですね(゚▽゚*)

きっと声優さんが良い人達だから買う人もいるんじゃないかな?

そしてスケットダンスが小説(ノベライズ)化します!!

11月に発売予定です。

内容は、学園に伝わる七不思議の秘密の解明やリレー小説を書いたりするそうです。

絶対GET!します ( ゚Д゚)y─┛~~

 

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スケット・ダンス ジャンプ43号の感想

週刊少年ジャンプ43号の感想です(ネタバレ注意です)

   

    第106話 マルツイ・デカダンス

いきなりスケット団の三人が、一年C組の村尾賢治という男の子を尾行しています。

ヤバ沢さんの依頼で尾行しているそうです。

そこに、二年G組7番の一 長太郎 (デカチョウ)という男の子が現れます。

この子は刑事に憧れ刑事になりきっている痛い刑事マニアだそうです。

そして、この子は刑事部に所属しています。

彼は事件を解決したことはないが、人情味溢れる性格で相談事に乗る事も多いそうです。

まぁ色恋の相談が多いらしいですが・・・。

そんなこともあってデカチョウは刑事用語を、かなり使ってきます。

それによりスケット団もイライラしちゃいます。

スケット団とデカチョウがグダグダしている間に村尾君に動きがあります。

村尾君は女の子を尾行していました。

この尾行されている女の子は刑事部の一年生部員 三井 林檎(アップル)だそうです。

デカチョウはアップルに携帯電話で電話をします。

しかし捜査の最中でマルタイ(尾行対象)わ見失ってしまうということで電話を切られてしまいます。

そして、またスケット団とデカチョウのグタグタが始まってしまいます。

その時、生徒会の椿が現れます。

椿はデカチョウを尾行していました。

刑事部は生徒会を陥れる計略を練っているという噂があり動向を探る為に尾行していたそうです。

その時、アップルが現れます。

アップルはデカチョウの指示で、宿敵の生徒会を陥れる為に椿を尾行していたそうです。

デカチョウが言い訳をしている間にスケット団が尾行していた村尾君を見失ってしまいます。

するとスケット団は校舎を一周して車の後ろに隠れている村尾君を発見。

村尾君はヒメコに少しボコボコにされてしまいます。

村尾君にアップルを尾行していた理由を聞くとデカチョウに相談をしに行った時、デカチョウに「惚れた女の事ぐらい尾行してでも・・・」と言われたそうです。

そして大きな事実が発覚します。

デカチョウは椿を、椿はデカチョウを、村尾君はアップルをという風に尾行し合っていたのです。

まぁデカチョウが全部悪かったんです・・・。

そんなことでデカチョウは「どうやらこの事件みや(迷宮)入りだな」と言って去っていきす。                                         

        終わり

感想は・・・グタグタでしたね(笑)

それがスケットダンスの良い所なんですけど。

尾行し合っていたとは予想外でした!!(゚ロ゚屮)屮

新キャラも濃いキャラクターの方です。

また登場するのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スケット・ダンス42号のヘリウムガス問題について

今週の週刊少年ジャンプ42号のスケットダンスの漫画中の問題についてです。

最初の場面でボッスンヒメコがヘリウムガスをボンベから吸ったシーンが窒息の危険性があるとして問題になりました。

読者の方が真似をしないようにということです。

担当さんなどが気付いてたらな・・・。

しょうがないか・・・。

単行本に収録される時は書き直されるのかな?

100均とかに売っている、小さいボンベにするのかな?

でも風船を膨らませられないと思うし・・・。

失敗は誰にでもあるからね (゚▽゚*)

スケットダンスは永遠です!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スケット・ダンスの四巻感想

SKET DANCE 4 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 4 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンス4巻を紹介します(◎´∀`)ノ

内容はこんな感じです。

第27話  一回戦 クッキング コロシアム

第28話  二回戦 スピリット ファイター

第29話  拳と剣

第30話  三回戦 シューティング キャングスター

第31話  SCM(さすがクールメガネ)

第32話  四回戦 こくはく物語

第33話  五回戦 ピクシーガーデン

第34話  妖精見つけた

第35話  閉幕!!

番外編  「BISCUIT DANCE」

表紙への感想です♪

生徒会執行部が全員集合してます(・∀・)イイ!

安形がカッコイイ(高そうなイスに座ってます)!!

イスはいくらだろうか?(笑)

内容への感想です♪

GVB(ガチンコ・ビバゲー・バトル)の話でした。

まず一回戦の 鬼塚 一愛VS榛葉 道流 の料理対決!!

ヒメコの親子丼がおいしそう・・・。

ミチルのオムライス食べたい・・・。

というより審査員の五人が面白い!

味のボキャブラリーがゼロ(笑)

結局、ヒメコは負けてしまったけど頑張ったと思う。

ヒメコの魅力がUPしたよ (。・w・。 )

二回戦の 武光 振蔵 VS 椿 佐介 の格闘対決!!

最後の振蔵の技 「四連」 はかっこよすぎます!!

振蔵強い!

椿も強かったです。

椿の着ている「粛正」の文字が入ったTシャツに笑っちゃたけど・・・。

三回戦の 笛吹 和義 VS 浅雛 菊乃の射撃対決!!

大舌戦から始まりました・・・(恐かった)

やっぱりデージーが恐い!!

ターミネーターとか(笑)

スイッチのパソコンの音を使ったトリックも良かったです。(スイッチらしさが出てました)

四回戦の 早乙女 浪漫 VS 丹生 美森 の告白対決!!

ミモリンの小切手入りラブレター・・・(笑)

ミモリンの性格が出てる・・・。

そしてロマン

ロマンって神だね(笑)

ロマンワールド全開です。

ロマンオーラって・・・・・・・ステファニー!!!

結局、編集者の不正によりミモリンが勝ちました。

もしロマンではなくキャプテンが出ていたら、別の楽しさがあったと思います。

ミモリンとキャラがかぶるかな・・・。(純粋な所が

ソフトーボールを教えるとかの方法で田所さんを、ときめかせるのかな・・・?

ロマンの読者予想の発言は面白かったな~ヽ(´▽`)/

そして五回戦 藤崎 祐助 VS 安形 惣司朗 のカード対決!!

安形が恐すぎる・・・(;ω;)

性格が悪いって言っちゃてるし・・・。

ボッスンの過去・・・・。

ボッスンの過去を知ってから見ると違う見方ができるよね♪

そして安形の頭の良さにボッスンが勝てませんでした。

IQ160ぐらいって(高い・・・。)

そして生徒会の優勝でGVB閉幕!!

みんな成長したよね (゚▽゚*)

ヤバ沢さんの3の口が手に入って良かった~(笑)

番外編の感想です♪

椿の幼稚園時代がカワイイ (≧∇≦)

みんな元気です!!

次はスケットダンスの5巻を紹介します o(*^▽^*)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スケット・ダンスの中で好きな話

今週のジャンプではスケットダンスの連載二周年ということで、スケットダンスの中で好きな話を3つ選んで応募するそうです。

なので応募しようか迷っています。

ちなみにオレの好きな話は・・・

三位  第20話 モモカ声優志願

二位  第38話 改じてくれよう桃太郎

一位  第55話 ヘタッピマンガ研究所R

です!!

こうして見ると笑える話が上位にきてます。

やっぱり浪漫が出る話は面白いです。

第78話の やにわにテンプテーションも良いと思います (o^-^o)

他にも、スイッチヒメコボッスンの過去編も、すごく良かったです。

過去編は日常編と違って、違う面白さがあると思います。

過去編はとても辛い話もありました。

でも、その分スケットダンスの奥深さが伝わってきたような気がします。

SKET・DANCE 最高!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スケット・ダンス ジャンプ42号の感想

週刊少年ジャンプ42号の感想です。(ネタバレ注意です)

    第105話  ドロップ

今回のスケットダンスは連載2周年を祝っての巻頭カラーでした。

扉絵がカラーなのかと思っていたら・・・話の中の2ページがカラーでしたΣ(`0´*)

話の内容です♪

まず、いきなりスケット団のメンバーがチュウさんに置く場所がないからと頼まれたヘリウムガスで遊んでいます(声が変になる遊び)

そこにキャプテンが依頼にきます。

その依頼というのは、ドロップの缶を探して欲しいという依頼でした。

その依頼を受けたスケット団は裏庭の中を探しだします。

その時ボッスンは、ドロップの缶を必死で探す理由をキャプテンに問います。

キャプテンは、その問いに「親友との絆なの」と言って詳しい説明をはじめます。

キャプテンが二年生になって最初にできた友達が秋奈さんという女の子でした。

秋奈さんと友達になったきっかけは、お弁当の後にドロップを1つくれたことでした。

その後からキャプテンと秋奈さんは一緒にお弁当を食べるようになります。

そしてキャプテン達はお弁当の後にドロップを1つずつ食べることが習慣になっていきました。

その他にもキャプテン達は缶からでたドロップの色で占いをしていました。(黄色ならお金のラッキカラーみたいに)

そんなある日、秋奈さんはドロップのアメでピンク色のアメを出しました。

その時、ドロップを見た秋奈さんは「恋のラッキーカラー・・・」と言って顔を赤くします。

そしてキャプテンに向かって「あ・・・あのね 千秋 実は相談が・・・」

と言い出した時に三郷くんという男の子が、ドロップを見て「うまそうなもの食ってんじゃん」と言ってきました。

そこでキャプテンはドロップを1つ三郷くんにあげてしまいます。

それを見ていた秋奈さんは、ドロップをあげてしまったキャプテンに対し「4月からずっと一日も欠かさず続いてきたのに!缶の中身 奇数になっちゃったよ!?」と怒ります。

それに対してキャプテンは「そんな事・・・別にどうだっていいじゃない!!」と言います。

そんな事という言葉にショックを受けた秋奈さんは「もうこんなのいらないよね」と言って、中庭にドロップの入った缶を投げてしまいます。

それからキャプテンと秋奈さんは、喋ることもなくなってしまい、お互い謝る事もなく一ヶ月が過ぎます。

ある日、キャプテンは三郷君に秋奈さんが転校するという事実を知らされます。(キャプテンが風邪で休んだ日に秋奈さんがクラスの全員に突然発表したそうです。)

そして三郷君は秋奈さんに告白されたことをキャプテンに話します。

それを聞いていたキャプテンは秋奈さんの怒った理由をしっかりと考えます。

そして秋奈さんと仲直りすることを決心します。

その為になくした缶を探す決意をします。

ここでボッスン達が中庭でドロップの缶を探す場面に戻ります。

ドロップの缶は、なかなか見つかりません。

そしてキャプテンは「思い出が空っぽになったらやだな」などとスケット団に話します。

その時、ボッスンは公務員の吉村さんが片付けで大変なのを見て手伝います。

手伝い終わった後、吉村さんがダンボールには文化祭で使った雑貨(風船、色紙)などを整理していたんだと言いました。

ボッスンは吉村さんにドロップの缶を見なかったか?と質問し、月に一回の業者さんが今日、掃除したことを知ります。

それを聞いたボッスンはゴミ置き場に行って缶を探します。

キャプテンと秋奈さんお別れの日、学校で話をします。

秋奈さんはドロップを買ってきたと言って、キャプテンと一個ずつ食べました。

その時に出た色は2人とも白色のアメでした。

白色のドロップの意味を見た秋奈さんは泣き出してしまいます。

そしてキャプテンに喧嘩をしたことを謝ります。

それを聞いたキャプテンは、なくしたドロップの缶を秋奈さんに渡します。

なくしたはずのドロップを見た秋奈さんは喜びの涙を流し、「元気で」と言います。

その時、何かに気付いた秋奈さんは「千秋 後ろ・・・」と言います。

キャプテンが後ろを向いて見た光景は、スケット団の3人がチュウさんからもらった、ヘリウムガスを入れた風船を空高くに飛ばしていました。

それを見たキャプテンは秋奈さんに対して「私達のドロップは空っぽになんかならないよね」と言います。

それを聞いた秋奈さんは「うん うん」と言います。

そしてお互いに抱き合い、じゃあねと言い合います。

ここで、この場面は終了しスケット団のボッスンとヒメコが部室で、ドロップを缶から出す場面になります。

ボッスンがドロップの缶から取り出したアメの色が白だったので意味を調べます。

白のアメの意味は「友達」という意味で、一生の友達にあえるかもというものでした。

           終わり

この話を読んでの感想は「感動」の一言です(;ω;)

キャプテンと秋奈さんの友情・・・素晴らしいです!

センターカラーということで、漫画の中の2ページがカラー(水彩画)になっているので(スケット団が風船を飛ばしているシーン)、感動も倍増でした。

友情って良いなと思いました。

続きを読む "スケット・ダンス ジャンプ42号の感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スケット・ダンスの三巻感想

SKET DANCE 3 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 3 (ジャンプコミックス)

今回はスケットダンスの3巻を紹介します(◎´∀`)ノ

内容はこんな感じです。

第18話 ヌスット・ダンス

第19話 ジェネシス・ジェネレーション

第20話 モモカ声優志願

第21話 内田をプロデュース

第22話 友達がいっぱい

第23話 蜘蛛の会

第24話 スケット団漫画化計画

第25話 ガチンコ・ビバゲー・バトル

第26話 開戦!!

番外編 「メランコリック・ランデウ゛ー」

表紙への感想です♪

スケット団がタコ焼きをたべてます(食べたいな~

スイッチの口にもタコ焼きを食べた跡が・・・。

内容への感想です♪

まずはヌスット・ダンス!!

いきなりボッスン達が忍者になっちゃいました∑(=゚ω゚=;)

浪漫を救出するという依頼を受けて盗っ人団が動きだします!

そして用心棒役で振蔵が出てきたり幽霊役で結城さんが出てきたりと大混乱になりました(;;;´Д`)

結局、浪漫は漫画のルールを破ってアイシースクリーン S-614番で空から落ちてきました(笑)

浪漫が出てきたことにより何でもアリになっちゃいましたヾ(;´Д`A

イナズマフラッシュ!!!やってみたいな~。

そんでもってボッスンは自分が必要なのか考え始め、卑屈モードに突入しちゃいました(笑)

ボッスンは必要だよ!!

他にもモモカが声優になる為の話がありました。

「二人はナーバス」には笑いました(^-^;

一回見てみたいアニメだよね・・・。

ちなみにナーバスは英語でnervousと書いて、意味は神経質や不安という意味です。

印象に残っている言葉は・・・

「土に埋まって星を見る?」

です(笑)

この言葉は魔法のペテン師 リアリティ★マジの主人公の決めセリフです。

恐い子だ・・・。

倒した敵にお金を要求するとは。

現実的です・・・。

そしてモモカは特訓のおかげ?で見事声優オーディションに合格しました(*゚▽゚)ノ

その後、魔法のヤンキー リバリティー★真剣の声優に抜擢されました(笑)

その他にも内田君をNO.1コンテストでメダルをもらう為にスケット団が頑張ったり(この話はボッスンのクラスの人達のやさしさに感動しました)、生徒会の五人で蜘蛛の会を潰したり(スケット団の活躍ゼロでした・・・)、漫画家がスケット団を尋ねてきたりしました。(結局、生徒会の漫画・・・。悲しい・・・。)

番外編では、浪漫の書いた漫画が登場!

面白いよ(笑)

浪漫の努力の結晶です。

ボッスンも頑張った! (・∀・)

そして、いよいよ ガチンコ・ビバゲー・バトルが開催されました!!

この話は4巻の紹介の時に話します(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋千秋(キャプテン)について

高橋千秋キャプテンについて語ります(◎´∀`)ノ

キャプテンはボッスンと同じく開盟学園に通う二年生です。

部活はソフトボール部のキャプテンをしています。

だからキャプテンってあだ名なのかな?

そして弟が1人。

きっと弟のことをしっかり考えている良いお姉ちゃんなんだろうな(゚▽゚*)

ちなみにキャプテンは、二年B組のNO.1コンテストで、ミスプリティとミススポーツウーマンの二冠に輝きました (≧∇≦)

さすが!!

男子からの人気も高い!

当たり前だよね。

可愛くて、運動が出来て、思いやりがあるんだから。

特技は大食い・・・・。

イッパイ食べるよね。

運動部だから仕方ないよね。

バッファローを1頭か・・・おぉ・・・ふ・・・。

煮玉子が嫌いだそうです。

好き嫌いは誰にでもあるよね (。・w・。 )

キャプテンかっこいい!!(いきなり

そんあキャプテンを応援します!(何の応援?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キャラクター・ランキング2 「大好き順」

今回は前回の続きです。

7位から12位を発表します ヽ(´▽`)/

7位 椿 佐介

生徒会メンバーの登場だ!!

1位~6位には入ってなかった(自分が入れなかった・・・)ので少し心配していたのですが、とうとう入りました!!

おめでとう!!

椿はまっすぐな心を持った人です (。・w・。 )

8位 木備津 百香 (モモカ

モモカはスケット団と出会ったことによって良い女の子に生まれ変わりました。

声も良いらしいのですが・・・(漫画では分からない・・・。

モモカはとってもいい子です (*゚▽゚)ノ

9位 おばあにゃん

来てしまった・・・(笑)

おばあにゃんは、なぜか心に残るキャラクターです。

OG-3型とお幸せに・・・。

10位 美空 レミ レミおねえさん

この先生はドジです(笑)

でもドジな所が好きだな~。

こんな先生が現実にいて欲しい!

11位 安形 惣司朗

生徒会の会長です (゚ー゚)

置き物会長です。(スイッチ情報)

安形ってカッコイイよ!!(いろんな意味で)

12位 浅雛 菊乃 (デージー

彼女の略語?(DOSみたいな)

よく考えてるよね w(゚o゚)w

ちなみにDOSの意味は ダサ オタク ストーカーって意味です(恐)

そんなこんなで今回は7位から12位までの発表でした!!

生徒会のメンバーが出てきて良かったね (/□≦、)

続きは次の機会に発表します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケット・ダンスの二巻感想

SKET DANCE 2 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 2 (ジャンプコミックス)

スケットダンス2巻!!

内容はこんな感じです。

第8話  美咲と光太郎

第9話  夏の桜

第10話 生徒会執行部

第11話 ヤバ雪姫

第12話 鬼姫の目にも涙

第13話 ファインディング・ぺロリン

第14話 リトルボスはご機嫌ななめ

第15話 見てはいけない

第16話 見たのね

第17話 見るんじゃない

なんだか15、16、17話だけホラー映画のタイトルみたいで怖いですね ヾ(;´Д`A

まず表紙への感想です♪

ヒメコボッスンスイッチの人形を持ってます。(可愛いです

やはりこの巻に人形劇の話があるから書いたのかな~?

内容への感想です (*゚▽゚)ノ

いきなり感動話でしたね♪

美咲テツの恋の為にスケット団が頑張りました!!

折り紙の鶴を桜の花びらに見立てて飛ばした時は泣きそうになりました(;ω;)

テツと美咲には幸せになって欲しいです。

ちなみにこの話の中でボッスンが初めて帽子を脱いだ姿を披露しますが、以外とカッコイイと思いました(笑)

ほかの話では、初登場の生徒会とスケット団が幼稚園の園児に見せる劇で対決しました。

ボッスン達の劇の練習は笑いの連続でした!!

やっぱりロマンでしょう(笑)

結城さんは怖かった~。

スイッチってメガネを外すとカッコイイ・・・。(アピールしてたし)

やはり、この話も感動のラストでした (ρ_;)

モモカの涙でもらい泣き的な・・・ o(;△;)o

他にもキャプテンのぺロキャン(ぺロキャンを食べてみたい!!)の当たりクジを探したり、ボッスンが子供になっちゃったり、呪いのビデオ?の真相をあばいたりしました。

呪いのビデオの話で印象に残っている言葉があります。

「信じるぜ アンタがオレ達を信用してくれるなら オレ達は信じる」

という言葉です。

優しい言葉です・・・。

スケット団カッコイイ!!

スケット団に入部したい!!

次は三巻を紹介します(*^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スケット・ダンス ジャンプ41号の感想

週刊少年ジャンプ41号のスケットダンスの感想です(ネタバレ注意です)

第104話 占い師をやっつけろ 後半

今回は前回からの続きで占い師のインチキをあばくという話でした。

スイッチはスゴイですね (゚▽゚*)

バーナム効果とかコールド・リィーディングとかホット・リーディングなどのオタク?な知識を知りすぎです!!

さすがスイッチ!

そして占い師さんはボッスンのオーラを直に見てボッスンの過去をすべて言い当てたのですが・・・本当はボッスンではなく双子の兄弟の椿がボッスンの変装をして、なりすましていたという展開♪

それにより椿のオーラを見ていたはずなのに、なぜボッスンの過去を言ったのかという疑問をぶつけられ占い師さんは降参。

占い師のファンの方達にボコボコ?にされました。

ちなみに、なぜボッスンの過去を知ったのかというと、占い師さんの部下がボッスンの学校の周りでボッスンの身辺調査をしていたそうです。

最終的に結城さんは元に戻り、スイッチとの科学VSオカルトの戦いが始まり一件落着(。・w・。 )

個人的な感想は、ボッスンとスイッチの仲が少し良くなった気がしました。

良いことです(*゚▽゚)ノ

そしてスイッチの話が勉強になりました。(雑学が増えました♪)

やっぱりスイッチと結城さんには科学VSオカルトの戦いを繰り広げて欲しいですよね(*^-^)

来週のジャンプが楽しみです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

藤崎祐助(ボッスン)について

藤崎 祐助 (通称 ボッスン)について語っていきます

ボッスンは開盟学園に通う二年生です。

クラスは二年C組です。

ちなみに誕生日は1992年11月11日で、現在17歳です。

好きな食べ物は、ハンバーグ、唐揚げ、みかんゼリーです。

オレもみかんゼリー・・・好きです(笑)

ボッスンの特技は集中力がある、パチンコ、絵が上手いことなどです・・・。

性格は・・・卑屈・・・。

特技と性格は、ボッスン自らが漫画の中で説明しています(笑)

どうやって集中するかというと頭につけているゴーグルを装着します!!(それだけでOK)

この集中力のおかげで、多くの事件が解決されてきました (o^-^o)

他にも、ボッスンにはもう1つ大きな特技?があります。

それは、困っている人に手をさしのべてあげられること。

一見、簡単そうで難しいことですよね。

困っている人を助ける・・・。

ボッスンの、この特技によって救われた人もいたんですよね (*^-^)

ボッスンは他の漫画とくらべて地味なキャラクターですが(地味じゃない!!)それが良い所でもあると思います!

親近感がわきます (*^m^)

ボッスンみたいになりたいです♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スケット・ダンスの一巻感想

SKET DANCE 1 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太

SKET DANCE 1 (ジャンプコミックス)

スケットダンス一巻!!

内容はこんな感じです。

第1話 「ペンキ仮面」

第2話 「エイプ・エスケイプ」

第3話 「焼却炉の幽霊」

第4話 「ペパーミント侍」

第5話 「伝説の鬼姫」

第6話 「鬼姫に金棒」

第7話 「坂の上の王子様」

まず表紙への感想は、スケット団が全員集合していてGOOD!

内容的なことは、まず絵がぜんぜん今と違いますよね・・

キャプテンの髪がフニャンとなってるし(でも可愛いよ!!)

しかし、全体的に絵は綺麗!!

最初の絵が今と違うのは、どの漫画でも一緒ですよね。

まず1話の「ペンキ仮面」は、お約束通り転校生の登場から始まりました(笑)

あまり話すとネタバレになってしまうので印象に残ってる言葉を一つ。

「友達が困ってんならスケット団は助ける!!」

「ペンキぐれーかぶってやるっつってんだ!!!!」

ボッスンの一言です(。・w・。 )

心を打たれる一言です。

第2話以降はサルを捕まえたり焼却炉の幽霊の真相をあばいたり、侍の悩みを解決してあげたり、ヒメコの危機を救ったりしました。

そして第7話の「坂の上の王子様」ではロマンが登場!!

本当にこの話は笑えました o(*^▽^*)o

漫画の技法を使って笑わせるとは篠原先生はスゴイです。

ロマンの絵が予想通り、特殊?だったことは面白かったです。

話が終わった後のページには、その話を作った裏話的なものがあるのですが、それも見所ですよね。

他にもスケット団の部室大図解がのっていていたり、SKETの意味を教えてくれたり,キャラクター創作秘話が載っていたりとファンへの思いやりであふれてます (*^-^)

ちなみにSKETの意味は

S Support (支援)

K  Kindness (親切)

E  Encouragement (激励)

T  Troubleshoot (問題解決)

よく考えられてますヽ(´▽`)/

次は2巻を紹介します。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

スケット・ダンスの魅力(画力)

スケットダンスは、とにかく画力が高いです (*≧m≦*)

そもそもスケットダンスの作者の篠原先生は美大受験をしたそうです。

この事はスケットダンスの7巻の部室トークの中で語られています。

このことからも画力が高いことは納得ですよね ( ^ω^ )

そしてスケットダンスの6巻と7巻では篠原先生の描いた水彩画が表紙になっています。

温かい絵ですよね ヽ(´▽`)/

絵描きさんとしても生きていけると思います!!

絶対、応援しちゃいます(笑)

画力以外にもスケットダンスには様々な魅力があるのですが、それは次の機会に語りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャラクター・ランキング 「大好き順」

管理人すぐるがスケットダンスに出てくるキャラクターの中で好きなキャラクターのランキングをつけてみました。

一位 藤崎 祐助ボッスン

あたり前だよね (゚▽゚*)

スケット団のリーダーで頼れる存在で困っている人を見たらほっとけない良い青年です。

そしてなにより一位にしてあげないとボッスンがスネちゃうから(笑)

二位 高橋 千秋 キャプテン

可愛い子・・・(笑)

彼女は優しくてマジメな子ですよね。

こんな子がクラスにいたらモテモテですよ。

大食いだし・・・。

三位 早乙女 浪漫

彼女はいるだけで面白すぎる (o^-^o)

ギャグには欠かせない存在ですよ。

努力家だしね。

四位 笛吹 和義 (スイッチ

オタクの知識を分けて下さい(笑)

パソコンの知識を分けて下さい(笑)

彼の過去編は衝撃的でしたが、それがあったこそ今の彼がいたんですよね・・・。

考えさせられます。

五位 鬼塚 一愛 (ヒメコ

とにかく強いですよね (≧∇≦)

強さを分けてほしいぐらいです。

けれど幽霊が恐かったりと、本当は普通の女の子ですよね。

六位 垣内 仁

彼は青春って感じがします。

自分が青春ど真ん中にいるからかもしれないですけど・・・。

まぁ彼が六位なのは、なんとなくですね(笑)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

生徒会のメンバーがランキングに入ってないじゃないか!!

はいってない・・・。

たぶん十位以内には入ってますよ。(多分)

七位以降はまたの機会に発表しますね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Welcome♪

SKET・DANCE大好きっ子ブログにようこそ

このブログでは以下のようなものを掲載しています。

SKET・DANCEジャンプ感想

週刊少年ジャンプで掲載されたスケット・ダンスの感想を掲載しています。

毎週月曜日に更新予定です。(月曜祝日は土曜日更新です)

SKET・DANCE単行本

スケット・ダンスの単行本の全体的(内容・表紙など)な感想を掲載しています。

スケットダンスの単行本が発売された一週間以内の更新予定です。

SKET・DANCEランキング

スケット・ダンスに関する様々なランキングを作ってみました。

SKET・DANCEキャラクター感想

スケット・ダンスに登場するキャラクターを徹底解析しています。

SKET・DANCE全体感想

SKET・DANCに関する情報やイラストなどを掲載しています。

SKET・DANCE日常つぶやき

スケット・ダンスに関する日常の話を掲載しています。

SKET・DANCEバトン

スケット・ダンスに関連するバトンを行っています。

ブログに関するお知らせ

ブログのアクセス数の発表やお知らせなどを掲載しています。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

SKET・DANCEについて管理人と熱く語りたい人は気軽にコメントして下さい。

すぐにお返事を致します。

SKET・DANCEでなくてもジャンプ系の漫画なら熱く語れます。

では楽しんでいって下さい。

| | コメント (0)

トップページ | 2009年10月 »